タブレットPCの基本的な使い道・使い方からオススメカバーや売れ筋ランキング、価格比較など色々詳しく解説してます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タブレットの「Wifiモデル」と「3Gモデル」と「Cellular」の違いは?購入後の変更は?

タブレット端末のWifiモデルとその他

タブレットを購入する上でよく見るワードですが、
具体的に「Wifiモデル」と「3Gモデル」「4Gモデル」「Cellularモデル」の違いは何なのでしょうか。
カンタンに言うとインターネットの接続方法のことです。
まずはじめに、分かりやすい所から説明します。


Wifiモデルはインターネット回線を使用

「Wifiモデル」は無線LAN環境があれば使用出来ます。
例えば家でパソコンのインターネット回線があれば、
ルーターを通して無線LANを飛ばす事が出来ます。
それにタブレットからWifiでアクセスし、インターネットに接続します。
また公共の場でもWifiアクセス環境さえあれば接続することが出来ます。
ネットカフェや一部の飲食店ではWifi環境が整っておりますので、
そのような場所からもインターネット接続する事が可能になります。

Wifiモデル以外のモデルは電話回線モデル

3Gモデル、4Gモデル、Cellularモデルは、
インターネット回線を無線LANで飛ばしWifiで接続するのではなく、
キャリアに料金を支払い、キャリアからの電波を利用してインターネットに接続するモデルです。


3Gモデルと4Gモデル・Cellularモデルの違い

3G回線が主流の時代のタブレットの電話回線モデルは3Gモデルと呼ばれていました。
その後4G回線・LTE回線と主流の回線が変わっていったのですが、
LTEの回線をCelluarモデルと呼ばれています。
具体的な3G・4G・Celluarの違いなのですが、ようするに通信速度です。
数値はキャリア毎に異なりますが、
3G<4G<<<Celluarと言った具合に通信速度が向上します。
iPadを例にあげると、初代、2代目は3Gモデル。3代目が4Gモデル。
そしてその後発売された4代目やminiはCelluarモデルとなります。

Wifiモデルと電話回線モデル!メリット・デメリット

Wifiモデルのメリットは「通信料金がかからないこと」です。
家のインターネット回線や出先の回線を利用して接続するため通信料金がかかりません。
Wifiモデルを選ぶ人のほとんどが家での利用が目的です。
Wifi環境さえ整えたら月額料金に大きな差が出ます。
そしてWifiモデルのデメリットは「出先での使用が制限されること」です。
当然ですが出先での使用にはWifi環境が必要です。
Wifiアクセスが出来る飲食店やネットカフェ以外でのインターネット利用が出来ません。
Wifiモデルのタブレットで出先でインターネット回線を利用するには、
モバイルルーターや、WiMAX契約が必要になります。
また最近ではWimax2+と言う高速無線通信も存在します。
利用する場合は対応エリアを事前に調べてから利用しましょう。
BIGLOBE WiMAX 2+ キャンペーン
【WiMAX2+新端末登場!】モバイルネットの最強へ。

そして3G/4G/Celluarモデルのメリットですが「どこでもインターネット回線を利用できること」です。
正確には契約しているキャリアの電波の範囲外などでは接続出来ませんが、
当然スマホと同様の範囲でインターネット回線に接続することが出来ます。

3G/4G/Celluarモデルのデメリットは当然「通信料金が必要になること」です。
月額料金として費用が必要なのは大きなデメリットです。

使い用途に合わせて選ぼう!

Wifiモデルと電話回線モデルは使い用途としては真逆です。
動画の視聴やゲーム、仕事、インターネットサーフィン等、
家での作業になる場合がほとんどであれば、
Wifiモデルを選びましょう。
そして、出先での使用、仕事面での使用などがメインの場合は、
電話回線モデルを選びましょう。

(またはWimax等モバイルルーターと契約しましょう)

購入後の変更は可能?

Wifiモデル、電話回線モデルは端末毎の話です。
つまり購入後に変更することは不可能です。
しかし、電話回線モデルはWifi接続が可能なモノがほとんどなので、
電話回線モデルでWifi利用したい場合は問題なく使用出来ます。
なら電話回線モデルをとりあえず購入して考えれば良いと思うかもしれませんが、
そこはしっかりと設定されていて、
電話回線モデルのタブレットのほうが数千円程価格が上がります。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2015年 2月 03日
    トラックバック:louis vuitton outlet

ピックアップ



スポンサーリンク