タブレットPCの基本的な使い道・使い方からオススメカバーや売れ筋ランキング、価格比較など色々詳しく解説してます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タブレットのキーボードドックとは?そもそもタブレットのキーボードの必要性とは

タブレットを使う際に是非揃えておきたいグッズがいくつかあります。
まずは本体カバーです。
タブレットの本体自体が非常に高価な機械です。
機械である以上衝撃に強いわけないので、高価なタブレットを守る必須のアイテムになります。
 icon-arrow-right タブレットのカバーやケースは必要か

次に必要なグッズは液晶保護フィルムです。
パソコンやノートパソコンと違ってタブレットは、手軽に持ち運びが出来る機械です。
ノートパソコンも持ち運びに特化していると言えますが、タブレットは更に移動中にも手軽に操作が出来ます。
そんなタブレットですが、ノートパソコンと違って液晶が丸出しの状態です。
そんなときに必要になるのが液晶保護フィルムです。
ノートパソコンもそうですが、液晶が割れたりすると何らかの保証などに加入していない限り、
修理にかなりの金額がかかってしまいます。
そのような事態に陥らないように液晶保護フィルムは必須になります。
 icon-arrow-right タブレットの液晶保護フィルムは必要か

そして必須とまでは行かずとも人によっては必要になるグッズとして、
モバイルバッテリー
キーボード
PCメガネ
クリーナー
落下防止ストラップ
等の便利グッズです。
今回はそんな中でもあるとかなり便利なタブレットのキーボードについて解説します。

タブレットのキーボードの必要性

タブレットのキーボードの必要性についてですが、
キーボードの最大の利点はと言うと、文字の入力速度にあります。
タッチパネルでの文字入力よりもキーボードでの文字入力の方が得意な方は多数いると思います。
逆もまた然りなので、
ようするにキーボードでの文字入力の方が得意な方にタブレットのキーボードが必要になる訳です。
しかしキーボード入力が得意だからといってキーボードを購入しても、
自由に持ち運びの出来るタブレットの利点を失うだけです。
つまり、タブレットで文字入力が多い方に必須のアイテムがキーボードと言う訳です。具体的には、
ネットサーフィンをよく行う方、文章作成(メール、作業)などをタブレットで行う方にオススメです。

使い用途で考える、タブレットキーボードのタイプ

タブレットでキーボードを使う方の中でも、
どの様なタイプのキーボードを購入するかは自身の使い用途に合わせるべきです。
実際にタブレットのキーボードのタイプを大きく分けると、
 icon-tablet キーボード付ケース(市場で出回っている物はPUレザー手帳型が多い)
 icon-tablet キーボードドック(2in1でお馴染み、価格が高い)

の2種類が大半を占めています。
そしてそれぞれの接続方法がUSB接続、Bluetooth接続と分かれています。
USB接続と言うのはタブレットのUSB接続部分にケーブルでキーボードと繋ぐタイプです。
Bluetooth接続と言うのはタブレットから発信する無線電波にキーボードが接続して繋ぐタイプです。

キーボード付ケース

キーボード付ケースは、「一体型キーボードケース」や「キーボード内包型ケース」などとも呼ばれており、
普通のタブレットの手帳型ケースの内側の本体の逆側にキーボードを埋め込んで使用するケースです。
特徴としては、持ち運びが出来る、価格が安い、在庫が多い等が挙がります。
手帳型ケースとして扱うので、当然持ち運びが出来ますし、衝撃にも強いです。また在庫が多いと言うのは製品数が多いからです。様々なデザインの物を選ぶ事が出来るのはメリットではあるのですが、
実際にキーボードケースの何割かは粗悪品で「様々なタブレットに対応」と大量生産が行われます。
それによってサイズ感に当たり外れがありますので、購入時には必ず注意しましょう。
デメリットは、キーボードの割には入力がしずらい、当たり外れが激しい等です。

キーボードドック

こちらは、普段はタブレット・家ではキーボード接続してノートパソコンになる、ハイブリットタブレットPC(2in1)と呼ばれるタブレットがあるのですが、そのキーボードがまさにキーボードドックです。
実際に2in1が流行しだしてからは、キーボードケースと同じぐらい人気が出ており、
自分でキーボードドックを購入して、2in1の用に扱う方もいます。
特徴としては、文字入力がしやすい点が非常に大きいです。
デメリットは、持ち運びが出来ない、価格が高い等が挙がります。

重作業にはキーボードドックがオススメ

まるでパソコンのように扱う事が出来るキーボードックは、
文字入力のしやすさが非常に大きなメリットです。
メールの作成や文章の作成、ネットサーフィン等を家で頻繁に行う方で、
使いたい場所にパソコンが無かったり、タブレットの方が性能が良いなんて方は、
キーボードケースよりもキーボードドックをオススメします。
上記にも記載しましたが、持ち運びが出来ない場合が多いので、
家で重作業を行う方にのみオススメ出来ます。

左:AmazonのSurface pro 3キーボードドック
右:AmazonのSurface pro 3キーボード付ケース

タブレットのキーボードを探す

実際にタブレットのキーボードが必要な方は、キーボードを探しましょう。
注意点としてキーボード付ケースの場合は、
サイズ感のチェック(高評価レビューや人気順等を参考に)
キーボードドックの場合は、
取り外し可能タイプ(Bluetooth接続)か取り外し不可タイプかどうかもチェックしましょう。
自身で納得のいきそうな物を選ぶようにしましょう。

タブレットのキーボードを探す

当サイトでは各タブレットのグッズ特集記事を公開しています。
パソコンの方は右メニューの上部に、
スマホ・タブレットの方はページ最下部辺りに、
検索バーが設置してあるので、そちらで端末名や型番を入力してみてください。

当サイトではリンク先でのトラブルは一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
またリンク切れやページ崩れ等がありましたらコメント頂けたら助かります。
実際に使ってみた感想なんかもご報告頂けたら勉強になりますので、
これからのサイト運営の励みになります!
それでは皆さん良いタブレットライフを^^ノ

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ



スポンサーリンク