ドコモなどのキャリアがタブレットを0円でくれる理由や仕組みとは?

スマートフォンが普及したことで、タブレットの知名度もそれなりに上がりました。
外では持ち運びやすいスマートフォン、家ではタブレットの大画面で動画視聴を堪能!なんて方も多いのではないでしょうか。
今回はキャリアでよくある「タブレットの端末代金がタダ!」ってやつの仕組みについて紹介します。

「実質0円」と「2年縛り」について

これからスマホやタブレットをデビューする方は「実質0円」と言われていたかつての大手キャリアの戦略をご存じないかもしれませんね。

ユーザーを囲い続けるために、2年間など長期契約をし、それまでに解約すると違約金がかかってしまうと言うプランで、24ヶ月経った月から1ヶ月間を過ぎると自動で次の長期契約へと更新されてしまうと言う恐ろしい仕組みでした。つまりそこから2年間再び、回線を解約すると違約金がかかる期間へと突入です。

このプランを契約させるために行っていたのが「実質0円」と呼ばれていたかつてのキャンペーンです。ドコモなどの大手キャリアではパケット料金や通話料金を月額で支払うのですが、それとは別で端末代金を分割で支払う必要があります。つまり「端末代金+通信プラン」を月額で払う必要があります。
これはガラケー時代もそうですし、今でも基本的にはこの組み合わせがキャリアの料金プランとなっております。

では「実質0円」とは何なのかと言うと、この「端末代金」部分を2年間割り引いて端末代金を0円にし、代わりに先ほど記載したような「2年縛り」へと加入が条件となります。
つまり分割で月2,000円の端末代金を契約する場合には、月2,000円の割引が適用されるので契約を解除しない限りは「端末代金」は実質0円と言うわけです。もちろんこの契約は端末代金を丸々もらえると言うキャンペーンではなく、あくまで2年間端末を使えば、2年間端末の分割代金と同じ金額を毎月割り引きますよ、と言う解釈です。つまり2年間使い続けなければ0円にはならないのです。まさに「実質0円」なのです。

しかも実質0円のカラクリが分かっても、2年縛りの自動更新を知らずに25ヶ月目に突入してしまい結局解約出来ない、、なんてケースがあります。

さすがに鬼畜すぎるこの仕組みは、総務省によって規制がかけられました。あくまでスマホに対してですが。

ドコモなどの大手キャリアがタブレットを無料でくれる理由

しかしタブレットでは未だに規制がかかっていないので、端末代金を実質0円にする代わりに長期契約をするキャンペーンが行われています。キャリアがタブレットを実質0円で提供している理由はまさに先ほどの内容の通りです。

もちろん2年間タブレットを使い続けたいと言う方にはお得なキャンペーンなので、理解した上で契約する分には問題ありません。むしろオススメです。

よく分からずにタブレットを薦められたと言う場合はとりあえず持ち帰って検討しましょう。スマホの交換や契約時にも何かと理由をつけて「タブレットが無料」いうパワーフレーズでごり推される可能性も^^;

タブレット代金が0円でも通信費はかかります

これまでの説明を読んでいただけたら分かると思いますが、「実質0円」はあくまで端末代金の話です。通信料金はタブレットであろうと必要になります。しかも長期契約になっているので2年間払い続けないといけません。

「全てが無料だと思っていたのにお金かかってんじゃん!」
と気づいて解約しようとしても時既に遅しです。違約金が発生する仕組みになっております。

キャリアタブレットを使うより格安SIM

間違えてドコモなどのキャリアタブレットを実質0円で購入してしまった方はどうしようもありません。決められた通信料金を払って、それに見合うようにタブレットを上手く活用しましょう。

もしこれからタブレットデビューをしようと考えている方は、自分でタブレットを買って、自分で格安SIMを契約する方がお得です。もしタブレットで通話を検討している方は別ですが、インターネットさえ出来れば良いという方は格安SIMのデータオンリープランで十分です。

例えばBIGLOBEモバイル

だと料金が安い上に「エンタメフリー・オプション」と言う動画視聴にお得なプランも存在します。キャリアで契約するぐらいならこの様なタブレット向きの格安SIMを利用することをオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。