タブレットにおすすめの格安SIMは?組み合わせやセット販売まとめ

タブレットを家でのみ使う方はWi-Fi運用が出来るので、とくに新しい回線が必要と言うわけではありません。しかし出先で使用する場合には何らかの回線が必要となります。今回はタブレットに使える格安SIMサービスをまとめてみました!

格安SIMとは?


格安SIMとはSIMカードを使った回線サービスで、キャリアが提供している料金よりも安く利用することが出来ます。こういった格安の回線サービスを提供している会社を「MVNO」「格安SIMサービス」と呼びます。格安SIMの回線では通話も出来る音声通話SIMと、インターネットだけ出来るデータ通信SIMの2種類に分かれています。

タブレットにおすすめのSIMタイプは?

タブレットで音声通話をすると言う方以外はデータ通信SIMがオススメです。データ通信SIMは通話が不要な分、音声通話SIMよりも料金が安く設定されております。とくに通話をする予定がないのであればデータSIMを選んでおいた方が安上がりです。

ちなみに初心者に勘違いされがちですが、スカイプやライン電話はインターネット回線があれば使えるので、データSIMでも利用することが出来ます。もちろん通信量が増えるので長電話をしているとあっという間に上限ですが。

タブレットにおすすめの格安SIMサービス

以上のことをふまえた上でデータ通信SIMを選びましょう。ですが実際に格安SIMサービスを選ぶ前に一つだけ確認しておきたいことがあります。それはタブレットを既に持っているのか、これからタブレットを購入するのかです。

どうしてそんな確認が必要なのかと言うと、一部の格安SIMサービスではタブレットとSIMをセットで購入すれば安くなる「SIMセット販売」を行っているからです。SIMセット販売では、SIM契約が取るために端末代金自体を安く設定されていることが多いです。
もしこれからタブレットを購入しようとしている方がいれば、このSIMセット販売も視野に入れた方が結果的に安く運用できる場合があります。

タブレットのSIMセット販売を行っているサービス

タブレットと格安SIMをセットで購入することが出来るサービスをまとめてみました。

楽天モバイル

楽天モバイルはかなり有名なサービスで、楽天ポイントとの連動が魅力的な格安SIMサービスです。多数のスマホがラインナップにありますが、一部タブレットも取り扱われています。データ通信SIMの最安値はSMSなしベーシックプラン525円で、参考に3.1GBプランが900円となっております。取り扱い端末は2019年時点ではHUAWEIタブレットが採用されております。

    取り扱いタブレット
  • MediaPad M3 lite
  • MediaPad M3 lite 10
  • MediaPad T1 7.0 LTE

>>楽天モバイル<<

IIJmio(みおふぉん)

IIJmioは「みおふぉん」の呼称でお馴染み格安SIMサービスで、豊富なラインナップにはタブレットもいくつか含まれています。そしてタブレットデビューに向けたキャンペーンも不定期で行われています。データ通信SIMの最安値はミニマムスタートプラン3GB 900円で、取り扱い端末は2019年時点ではHUAWEIタブレットとレノボタブレットが採用されております。

    取り扱いタブレット
  • MediaPad T5
  • MediaPad M5
  • MediaPad M5 lite
  • Lenovo TAB4 8

>>IIJmio データ通信専用SIM 3GB 900円<<

DMMモバイル

こちらは「動画モリモリ」でお馴染みDMMの格安SImサービスです。利用出来る料金プランが非常に多いので自身が使うデータ量にあわせたプランを選ぶことが出来ます。データ通信SIMの最安値はライトプランが440円で、3GBプランが850円と言う安さ。取り扱い端末は2019年時点ではHUAWEIタブレットを採用。

    取り扱いタブレット
  • MediaPad M3 lite
  • MediaPad M5
  • MediaPad M5 lite

>>【DMMモバイル】データSIMプラン 3GB
<<

BIGLOBE SIM

ビッグローブと言えばパソコン回線のプロパイダとして有名なサービスです。データ通信SIMの最安値は3GBプランが900円で、人気プランの6GBプランがかなりお得なので出来れば6GBプランを選びたいところ。
タブレット端末は2019年時点ではHUAWEIのMediaPad M3 liteのみを採用。

    取り扱いタブレット
  • MediaPad M3 lite

>>BIGLOBEモバイル<<

エキサイトモバイル

エキサイトモバイルもまたこれまで紹介してきたサービスのように豊富なラインナップを取り揃える格安SIMサービスです。最安値の低速通信のみプランは500円で、3GBプランが880円となっております。取り扱いタブレットはHUAWEI端末を採用。

    取り扱いタブレット
  • MediaPad T5
  • MediaPad M5

>>エキサイトモバイル<<

mineo

mineoは格安SIMサービスでは昔から知名度が高く、マイネ王のCMでもお馴染みのサービスです。データ通信SIMの3GBプランが900円ですが、ソフトバンク回線を使ったプランでは990円となっております。
採用端末はそこまで多くありませんが、タブレットはHUAWEI端末を少しだけ採用。

    取り扱いタブレット
  • MediaPad M3 lite

>>mineo<<

LINEモバイル

LINEモバイルはLINEアプリでお馴染みの格安SIMサービスです。LINEなどのアプリの通信量がカウントされないと言う大きなメリットがあり、少しずつ利用ユーザーも増えている印象です。最安値は500円のフリープランで、コミュニケーションフリープラン3GBが1,100円となっております。

    取り扱いタブレット
  • MediaPad T5

>>LINEモバイル<<

SIMセット販売タブレットのまとめ表

MediaPad M3 lite 楽天モバイル
DMMモバイル
BIGLOBE SIM
mineo
MediaPad M3 lite 10 楽天モバイル
MediaPad T1 7.0 LTE 楽天モバイル
MediaPad T5 IIJmio
エキサイトモバイル
LINEモバイル
MediaPad M5 IIJmio
DMMモバイル
エキサイトモバイル
MediaPad M5 lite IIJmio
DMMモバイル
Lenovo TAB4 8 IIJmio

格安SIMにて取り扱われているタブレットはHUAWEI端末がほとんどです。中でもM5シリーズは新し目のモデルですし、評判も良いのでオススメです。

タブレットにおすすめの格安SIMは?

格安SIMのセット販売を行っているサービスを取り上げましたが、ほとんどが格安SIMの主要サービスなので、結局端末をお持ちの方もこれらのサービスから選ぶことになります。SIMセットを行っていないサービスで言えばUQモバイルが通信速度に定評があり、満足度ランキングでも上位にランクインしているのでオススメ。キャッシュバックのキャンペーンも行っていますので、興味のある方は一度覗いてみて下さい。

まとめ

セット販売なのであればどのM5とM5 liteを取り扱っているIIJmioやDMMがオススメですし、そこそこ通信量を使うと言う方はBIGLOBEの6GBプランがオススメ。そしてSIM単体なのであればUQモバイルが安定してオススメです!

最近ではどの格安SIMも大ハズレと言うことはありませんし、逆に評判が良いサービスも利用者が増えると回線が詰まるので通信に影響が出ます。最近ちらほらと登場しているソフトバンク回線(今回で言えばmineoが採用)なんかも利用者が少ない間は快適な通信に期待出来ます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。