電子書籍を読むのに最適なのはタブレットか電子書籍リーダーか

スマホで電子書籍を読んでいると「もう少し大きい方が見やすい」と感じる方は多いと思います。5インチ前後のスマホだとどうしても文字のサイズが小さいので目が疲れてしまいますよね。
そんな方におすすめなのが「タブレット」や「電子書籍リーダー」などの大きい端末です。今回は電子書籍を読むのに最適な端末を紹介します!

電子書籍を読むための端末

電子書籍を読むことが出来る端末は以下の通り。

・スマホ
・タブレット
・電子書籍リーダー

それぞれサイズや特徴が違うので、どういった端末を選んだ方が良いのかを解説していきます。

スマホ

スマホは5インチ~6インチのモデルが多いです。文字のサイズが小さいので漫画も小説も読みにくいです。雑誌に関しては読むことが出来ないレベルで見にくいです。しかし、片手で操作が出来る上に、片手でページをめくることが出来るのでお手軽です。しかも普段使っている端末で良いので、余計の端末を持つ必要がなくなります。

タブレット

タブレットは、7インチ・8インチ・10インチが主要なサイズです。スマホと比べると画面が大きくて文字が見やすいです。とくに10インチタブレットだとスマホでは見ることが出来ない「雑誌」を見ることが出来ます。ネットを使うことも出来るので、パソコンの代わりにもなりますし、ゲームをプレイすることも出来ます。何かと万能ですが、サイズ感により持ち運びが少し不便ですね。

電子書籍リーダー

電子書籍リーダーは7インチ前後の端末が多いです。電子書籍リーダーはその名の通り電子書籍に特化したデバイスです。画面は電子ペーパーと呼ばれるものが使われており、本物の紙のように表示されます。電子ペーパーは目の疲れを軽減してくれるそうなので、漫画や小説なんかを長く読む場合に有効です。もちろん雑誌も読むことが出来ますが、10インチタブレットと比べると少し見ずらいかもしれません。デメリットとして、AmazonはAmazon、楽天は楽天と言ったように専用機となっております。つまり専属のサービスを利用することしかできないので、別サービスの書籍を読むことはできません。またネットサーフィンやゲームも出来ないので、タブレットと比べると万能さは劣ります。

おすすめは10インチタブレット+スマホ

個人的におすすめは10インチタブレット+お手持ちのスマホと言う組み合わせです。片手で寝転がりながらマンガを読みたいときは自分が普段使っているスマホを使えばよいですし、雑誌を読むたいときは10インチタブレットで読めばよいですし。

しかも10インチタブレットは動画の視聴にも向いているので、家で映画やユーチューブを見るときなんかにも重宝します。おまけにネットサーフィンやゲームも出来ますから、やはり電子書籍リーダーよりも万能ですね。

おすすめの10インチタブレット

当サイトでよく紹介している10型タブレットをいくつかピックアップしておきました。すべてレビュー評価の高い端末なので、タブレット選びの参考にぜひ。

「MediaPad M5 lite」【2018年/29,880円】

メーカー HUAWEI
発売時期 2018年冬
OS種類 Android
主な仕様 Kirin 659
10.1インチ
1920×1200ドット
7500mAh
参考価格 29,880円(Wi-Fi/3GB/32GB)
37,880円(Wi-Fi/4GB/64GB)
37,800円(LTE)
こちらはHUAWEIから登場した「MediaPad M5 lite」です。
CPUにはコスパの高い「Kirin659」が搭載されており、AnTuTuのベンチマークスコアは8万5000前後を記録しております。
首位に選んだ理由としてはバランスの良さです。コスパの良いCPU、ある程度の解像度、大容量のバッテリー、生体認証、Type-Cの採用、モデルラインナップ、発売時期の新しさ、などなど。
何かに特化したモデルと言うよりかは全てが平均より少しだけ上、みたいな感じの仕様です。私も現在メイン機で使っておりますが、ゲーム以外の動作は全て快適です。

「MediaPad T5」【2017年/22,800円】

メーカー HUAWEI
発売時期 2017年夏
OS種類 Android
主な仕様 Kirin 659
10.1インチ
1920×1200ドット
5100mAh
参考価格 22,800円(Wi-Fiモデル)
26,800円(LTEモデル)
こちらはさきほど紹介したM5 liteから少しだけスペックダウンした「MediaPad T5」です。
こちらも同じくハイシリコン社の「Kirin659」が搭載されているので、AnTuTuのベンチマークスコアが8万5000前後を記録しております。

首位のMediaPad M5 liteよりもRAM・ROM・カメラ・バッテリー容量が劣っており、生体認証が非搭載でmicroUSB採用とのことですが、その分価格も安くなっているのでこれら機能に興味が無いと言う方にはこちらをオススメします。

「MediaPad M3 Lite 10 wp」【2017年/37,800円】

メーカー HUAWEI
発売時期 2017年冬
OS種類 Android
主な仕様 Kirin 659
10.1インチ
1920×1200ドット
6600mAh
参考価格 37,800円(Wi-Fiモデル)
またまたHUAWEIタブレットの「MediaPad M3 Lite 10 wp」です。
こちらもM5 liteやT5と同様にハイシリコン社のKirin659が搭載されており、AnTuTuのベンチマークスコアが8万5000前後を記録しております。

MediaPad M3 Lite 10 wpの特徴は防水防塵に対応しているところ。防水防塵にメリットを感じる方は是非こちらのタブレットを。

まとめ

電子書籍リーダーには電子書籍リーダーのメリットがあります。記事中にも記載したように「電子ペーパー」はとても文字が読みやすいです。それでもやはり総合的な能力や機能を考えると、電子書籍用とは言えタブレットを購入した方がお得かと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。