タブレットのバッテリーを長持ちさせる方法

タブレットの充電のついての基本的な知識になります。
最近の端末はどれも省エネに十分に力を入れておりますが、
それでもやはりユーザーにとってタブレットのバッテリー消費の早さは、
タブレットを扱う者にとって非常に難点です。
今回はそんなタブレットのバッテリー・充電に関する記事になります。
タブレットのバッテリーを長持ちさせる方法・おすすめの充電器などを紹介していきます。

そもそも何故バッテリーがすぐ切れるのか

そもそも何故タブレットの充電はすぐに切れてしまうのか。
バッテリー切れが早くなる大きな要素として、
ディスプレイの点灯
バックグラウンド等での作動中のツール・アプリ
Wi-FiやGPS等の通信機能

の3つがあります。
これらを最低限の支障の出ない程度に抑えて、
上手くタブレットを使用する事によって、
バッテリー持ちも良くなり、バッテリーの寿命も長持ちします。

バッテリーを長持ちさせる節電術

現状皆さんが使用している携帯電話はスマートフォンですよね。
スマートフォンのバッテリー持ちってとても悪いんですよね。
そんなスマートフォンよりも液晶サイズが大きいタブレットは、
当然液晶の点灯の量が多くバッテリー持ちが悪いというわけです。
そんなタブレットのバッテリー持ちを少しでも良くする節電術を今回紹介します。

画面を暗くする

タブレットの大画面を明るく点灯する事により、
当然電池の消費が早くなります。
特に必要としない場合は画面設定にて画面を暗くしましょう。

バックライトをすぐに切る

タブレットを使用した後、
そのまま放置するのではなく、
画面を一度消すかスリープモードにしましょう。
バックライトが数秒つき続けるだけでも、
バッテリー消費は早くなります。

通信機能を使用しない場合はOFFに

Wi-Fi機能やBluetooth機能等の通信機能は、
通信を行うツールを使用しますので、
当然バックグラウンドで動作する作業が増えるわけです。
そうなるとバッテリー持ちが悪くなりますので、
使用しない場合はすべての通信をOFFにしましょう。

タスク・ツールの管理

普段ふつうにタブレットを使用していても、
気づかないところでツールやアプリが動作している事があります。
たとえばブラウザでネットサーフィンをして閉じても、
ブラウザのツールが裏で動きっぱなしになる事があります。
それらをしっかりと終了したりと管理することは非常に重要です。
簡単な方法としては、アプリストアで「タスク」や「タスク管理」で検索しましょう。
この手のアプリは多数存在しますので、是非活用しましょう。

充電時の注意点!

タブレットの中にはリチウムイオン電池で動く端末が多数あります。
リチウムイオンは非常に熱を持ちやすくなる場合があります。
動作を行いながら充電を行うと特に熱を持ちます。
なので充電の際は何もせずに充電完了まで放置することが一番良いです。
しかし、タブレットの使い方としてそこまで神経質になるのもどうかと思います。
現に私も充電しながらの作業なんていつものように行います。
そこで妥協して一番気をつけてほしい押さえ所があります。
それは「充電したまま放置する」事です。
これを行ってしまうと、充電完了してもタブレット内のアプリが動作を続けているため、
バッテリーが減り、再度充電、充電完了、と繰り返し行われます。
極力避けるようにしましょう。

2 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。