【2019年最新】有機ELディスプレイを搭載したタブレットまとめ

ディスプレイの種類に「有機ELディスプレイ」と呼ばれるものがあります。
スマートフォンでは2018年にiPhone Xが採用したことが話題となりました。
今回はそんな有機ELディスプレイを搭載したタブレットをまとめてみました!

「有機ELディスプレイ」とは?

有機ELディスプレイとは、有機ELの仕組みを応用した薄型ディスプレイのことである。電気を流すと光る有機物質を利用しており、液晶やプラズマなどと並んで次世代のディスプレイ技術の一つとして注目されている。(Weblio

この説明を見れば分かるように「電気を流すと光る有機物質」を利用することが有機ELディスプレイの最大の特徴です。有機ELディスプレイはカラーフィルターの部分が有機EL発光層になっており、有機EL素子が直接発光して発色します。

液晶ディスプレイとの違いとは?

タブレットもスマホもテレビもそうですけど、2018年時点では液晶ディスプレイが主要です。
液晶ディスプレイは、バックライトがカラーフィルターを通って発色します。先ほども記載したように有機ELではカラーフィルター部分が直接発光してくれるので、バックライトが不要です。グーグルで画像検索すれば分かりやすい図式が出てくるので確認してみてください。

有機ELディスプレイのメリットは?

これまでの内容では液晶ディスプレイとの構造の違いが分かったと思います。バックライトが不要で、カラーフィルター部分が直接発光するのが有機ELディスプレイです。バックライトが不要と言うことはその分端末を薄くすることが出来ます。

そして液晶ディスプレイでは、
バックライト(発光)⇒カラーフィルター⇒表面
と言った構造になっているので工程が多い分強い光が必要になります。

一方の有機ELディスプレイでは、
カラーフィルター(発光)⇒表面
と言ったように液晶ディスプレイよりも通すフィルターが少ないです。

有機ディスプレイはこの構造のおかげで様々なメリットがあります。
まず液晶ディスプレイのような強い光が不要なので消費電力が少ないと言われていますし、構造がシンプルなので反応速度が早いとも言われています。

有機ELディスプレイのデメリットは?

有機ELディスプレイはまだまだ採用端末が少なくて需要が低いです。様々なメーカーが開発して競えばもっと安く提供されるかもしれませんが、現状では液晶ディスプレイと比べて価格は高いです。

バックライトが不要な構造についてのお話をしましたが、その構造にはデメリットもあります。液晶ディスプレイのバックライト発光よりも有機ELディスプレイの直接発光の方が光が弱いので液晶ディスプレイよりも輝度が低いです。
先ほどこの発光の力が弱い分消費電力が少ないというメリットを記載しましたが、その弊害となっているのが輝度の低さです。輝度が低いと屋外で太陽の光に負けてしまい、画面が見にくくなってしまいます。

有機ELディスプレイ搭載タブレットは?

2018年後半にスマホで採用端末が増え始めたので、今後の2019年・2020年にタブレットでも採用端末が増えるのではないかと思います。iPadの採用も噂されていますしね。
とりあえず今回は2018年が終わったところで、国内で販売されている有機ELディスプレイ搭載タブレットをまとめてみました!(古い端末は省いてます)

有機ELディスプレイを搭載したタブレットをお探しの方は是非ご参考を^^

ARROWS Tab F-03G

メーカー 富士通
発売時期 2014-2015冬春
OS種類 Android
主な仕様 ・Snapdragon 801
・10.5インチ
・2560×1600ドット
・7840mAh
参考価格 発売時:
93,312円(実質負担金27,864円)

白ロム相場:
10,000円~20,000円程度

こちらはドコモから登場した富士通製タブレット「ARROWS Tab F-03G」です。
クアルコム社のスナドラ801(MSM8974AB)が搭載されており、AnTuTuのベンチマークスコアが6万前後を記録しております。今で言えばミドルローぐらいのスコアでしょうか。

有機ELディスプレイ搭載、防水防塵対応、急速充電対応、433gと言う軽量さを備えた多機能タブレットです。
もちろんドコモでの販売は終了しているので、白ロム(中古)での購入となります。2014年代のモデルなので未開封品や未使用品は少ないかもしれないので、ある程度中古に抵抗がない方にオススメ。

白ロムの専門店イオシス白ロム専門サイト/ムスビーなどでも販売されていると思うのでそちらも探してみて下さい。

GALAXY Tab S 8.4

メーカー サムスン
発売時期 2014年夏
OS種類 Android
主な仕様 ・Exynos 5 Octa
・8.4インチ
・2560×1600ドット
・4900mAh
参考価格 白ロム相場:
20,000円~30,000円程度
こちらはドコモからも登場したサムスン製タブレット「GALAXY Tab S 8.4」です。
CPUはサムスン製のExynos 5 Octaが搭載されており、AnTuTuのベンチマークスコアが旧スコアで5万5000前後を記録しております。旧スコアは算出方法の違いによって現バージョンよりも少し低めのスコアになります。現バージョンで言えば6万~7万程度でしょうか。

こちらの端末も2014年代のモデルなので少し古めです。状態が良いものが入手できれば良いのですが、ドコモ版はかなり数が少なそうです。
注意して欲しいのは現行時代に不具合の報告がいくつかあったことです。レビュー評価を見れば分かるように端末によってはフリーズがたまにあるみたいです。
私は不具合のある端末は徹底して避けるタイプの人間なので、こちらのモデルも個人的にはオススメしません^^;
ただ、有機ELディスプレイを搭載したタブレットがあまりに少ないのでとりあえずはピックアップしてみました。

こちらも同様に中古での購入となるので、白ロムの専門店イオシス白ロム専門サイト/ムスビーなどで販売されていると思うのでそちらも探してみて下さい。

GALAXY Tab S SCT21

メーカー サムスン
発売時期 2014年夏
OS種類 Android
主な仕様 ・Exynos 5 Octa
・10.5インチ
・2560×1600ドット
・7900mAh
参考価格 白ロム相場:
35,000円前後
こちらはauから登場したサムスン製タブレット「GALAXY Tab S SCT21」です。
CPUは同様にExynos 5 Octaが搭載されているので、AnTuTuのベンチマークスコアが旧スコアで5万5000前後を記録しております。

こちらは先ほどのGalaxy Tab Sの10.5インチバージョンですが、バッテリー容量も大幅に増量しています。
このモデルは2014年代のキャリアタブレットの中ではトップクラスに評判が良かったモデルです。私も実際に家で使っていましたが、何よりもバッテリー持ちが良くて使いやすかったです。
欠点があるとすれば、そもそも2014年代のモデルなのでそこまで流通していない上に、人気が高いので在庫も少ないです。
もちろん状態の良い物が手に入れば言うことはありませんが、白ロムは当たり外れがあるので出来れば専門業者が査定したものを購入すべきです。
白ロムの専門店イオシス白ロム専門サイト/ムスビーなどで販売されていると思うのでそちらを探してみて下さい。

arrows Tab F-04H

メーカー 富士通
発売時期 2016年夏
OS種類 Android
主な仕様 ・Snapdragon 808
・10.5インチ
・2560×1600ドット
・6000mAh
参考価格 発売時:
82,944円(実質38,880円)

白ロム相場:
30,000円~50,000円程度

こちらはドコモの富士通製タブレット「arrows Tab F-04H」です。
ARROWS Tab F-03Gの後続モデルで、2016年夏に登場したタブレットです。
クアルコム社のスナドラ808が搭載されているので、AnTuTuのベンチマークスコアが7万前後を記録しております。

はじめに紹介したF-03Gと同様に防水防塵に対応しておりますが、F-04HではMIL規格14項目準拠のタフネスさも備わっています。
アウトドアシーンでの利用も考えているのであればこちらはかなり最適なタブレットなのではないかと思います。動作性能はそこまで向上していないので、もしお金を節約したいと言うのであればはじめに紹介したF-03Gの方が安く入手できるのでそちらを。

こちらの端末も白ロムの専門店イオシス白ロム専門サイト/ムスビーなどで販売されていると思うのでそちらを探してみて下さい。

GALAXY Tab S4(海外)

メーカー サムスン
発売時期 2018年夏
OS種類 Android
主な仕様 ・Snapdragon 835
・10.5インチ
・2560×1600ドット
・7300mAh
参考価格 グローバル価格:
70,000円~90,000円

Amazon価格(2019/01時点):
88,240円~1112,800円

こちらはサムスン製タブレット「GALAXY Tab S4」です。
国内発売は未定のモデルですが、有機ELディスプレイ搭載タブレットと言うことで話題に。
クアルコム社のスナドラ835が搭載されているので、AnTuTuのベンチマークスコアが18万超えを記録しております。

こちらは「Sペン」と呼ばれるサムスンお馴染みのスタイラスペン、そして「DeX」モードと呼ばれるドッキングシステムが特徴のハイスペックタブレットです。
残念ながらAmazonなどのネットモールでは高価格での出品ばかりなので、出来れば個人輸入のショップなどを利用したいところです。

海外スマホ・タブレットの販売店Etoren.comの価格を確認したところ、2019年1月時点で79,500円~108,500円で販売されていたのでAmazonよりは安いです。

まとめ

有機ELディスプレイを搭載したタブレットはかなり種類が少ないですね!
今回ピックアップしたモデル以外だと2012年代の「Galaxy Tab 7.7 Plus」や「REGZA Tablet」などもありますが、流石に古すぎるので取り上げませんでした。

今回紹介したモデルの中だと唯一AnTuTuスコアが高いのがグローバルモデルの「Galaxy Tab S4」です。もし3D系のゲームをプレイする方やたくさんのタスクを開いて重作業を行うような方はGalaxy Tab S4を選んでおいた方が無難です。

他にもアウトドアシーンでの利用を想定している方はMIL規格準拠の「arrows Tab F-04H」がオススメですし、防水防塵だけで良いのであれば前作の「ARROWS Tab F-03G」の方がオススメです。

そしてとくにこだわりが無く評判が良いミドルクラスが欲しいと言う方はGALAXY Tab S SCT21(10.5)がオススメです。こちらはレビュー評価も高いですし、発売時も評判が良かったですから。そしてその8型バージョンが「Galaxy Tab S 8.4」です。小型の有機ELディスプレイを搭載した唯一のモデルとなっております。

と言うわけで有機ELディスプレイを搭載したタブレットのまとめ記事でした。自身の使い用途に合わせて端末を選んで下さいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。