Dragon Touchタブレットはどこの国のメーカー?評判は良いのか?

Amazonで販売されている「Dragon Touch」というメーカーのタブレットをご存じでしょうか。

ドラゴンタッチなんて言うカッコよすぎる名前のタブレットPCなのですが、Amazonのタブレット売れ筋ランキングにもチラホラとランクインしています。

今回はそんな「Dragon Touch」が一体どこの国のメーカーなのかを調べてみました!

Dragon Touchはどこの国のメーカーなの?

Dragon Touchは中国の深セン市に本社を置く家電メーカーです。タブレットPCやアクションカメラの製造販売を行っており、アジア・ヨーロッパ・アメリカなどを中心にグローバルに市場展開しております。

日本では、AmazonやAIiExpres経由で購入することが出来る、いわゆる「中華の格安タブレット」ってヤツですね。

Dragon Touchタブレットの特徴は?

Dragon Touchが扱うタブレットは、1万円前後の格安モデルばかりです。そういった格安モデルは、動作性能もかなり低いので使い手を選びます。

またディズニーとコラボしたキッズタブレットが人気の製品なのですが、日本のAmazonだと販売されていないので入手が難しそうです。

売れ筋ランキングを見る限り、日本では「K10」という10型タブレットが人気で、1万5000円ぐらいで購入出来ます。

Dragon Touchタブレットは買っても大丈夫なの?

中華タブレットと言えば安物買いの銭失いのイメージがあります。

実際に価格の安い製品の多い中国産家電は、コストを削りまくっている代わりに、パフォーマンスの良くない製品が多いです。

よくある「すぐ壊れた」「届いた製品の仕様が全く違った」などのトラブルは年々減っていますが、「思った以上にパフォーマンスが悪い」と言う意見はいまだに絶えません。

あくまで価格の安い製品はその程度のパフォーマンスだと言うことを頭に入れておきましょう。

とくにDragon Touchタブレットは価格の安いモデルしかないので、その辺りの理解は必要です。後悔したくないのであれば、少し予算を追加してHUAWEIのMediaPadシリーズを選びましょう。

価格は高いですが、安定感抜群で評判も良いタブレットです。お金のある方は同じ中国メーカーだとしても「HUAWEI」のタブレットを選んでおいた方が無難です!

Dragon Touchタブレットの評判は?

Dragon Touchタブレットを実際に購入した人の声を集めてみました。

価格が価格なので、あくまで繋ぎ用のタブレットとして購入するも多かったです。

最後の方のようにゲームプレイは厳しいと思うので、あくまでネットサーフィンや動画の視聴にのみ使う方にオススメです。

Dragon Touchのおすすめタブレットを紹介

看板機種のキッズタブレットがAmazonで販売されていないので、Dragon Touchが扱うメイン機種は「K10」です。

Dragon Touch K10

Dragon Touch K10

こちらはDragon Touchの10.1インチタブレット「Dragon Touch K10」です。
チップセットにMTK8163が搭載されているので、AnTuTu7のベンチマークスコアは4万前後を記録。Dragon Touchのタブレットは低スペックなので、あくまで普段使い用のタブレットです。
メーカー Dragon Touch
動作性能 MTK8163/2GBRAM
AnTuTu7:4万
ストレージ 内部16GB/外部128GB
ディスプレイ 10.1インチ/1280×800
カメラ 背面200万画素
前面200万画素
バッテリー 5000mAh
重量 520 g
カラー ブラック
シルバー
価格 15,000円前後

Dragon Touch Y80

Dragon Touch Y80

こちらはDragon Touchの8インチタブレット「Dragon Touch Y80」です。
チップセットにRK3326が搭載されているので、AnTuTu7のベンチマークスコアは25000と低スコアを記録。Dragon Touch K10よりもさらに低スペックです。
メーカー Dragon Touch
動作性能 RK3326/2GBRAM
AnTuTu7:25000
ストレージ 内部16GB/外部64GB
ディスプレイ 8.0インチ/1280×800
カメラ 背面200万画素
前面200万画素
バッテリー 4000mAh
重量 320 g
カラー ブラック
価格 12,000円前後

Dragon Touch M7

Dragon Touch M7

こちらはDragon Touchの7インチタブレット「Dragon Touch M7」です。
Y80と同じくチップセットにRK3326が搭載されているので、AnTuTu7のベンチマークスコアは25000と低スコアを記録。正直7インチタブレットでこの性能なら、UMIDIGIなどの格安スマホを買った方が良いと思います。
メーカー Dragon Touch
動作性能 RK3326/2GBRAM
AnTuTu7:25000
ストレージ 内部16GB/外部64GB
ディスプレイ 7.0インチ/1024×600
カメラ 背面200万画素
前面30万画素
バッテリー 2500mAh
重量 250 g
カラー ブラック
価格 10,000円前後

まとめ

Dragon Touchタブレットはいわゆる格安の中華タブレットです。価格の安いモデルが多く、その分動作性能も低くなっております。

普段使いさえ快適であれば良い、動画さえ見れれば良い、そんな方にはオススメです。しかし、例えばゲームアプリをプレイする予定がある場合や、何らかの作業をするつもりであれば、もう少しランクの高いタブレットを選びましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。