Amazonのお買い物でポイントゲットする裏技

Teclastタブレットはどこの国のメーカー?評判は良いのか?

Amazonで販売されている「Teclast」というメーカーのタブレットをご存じでしょうか。

Amazonで「Teclast」と検索すると、レビュー評価の高いタブレットが多数ヒットします。今回はそんな「Teclast」が一体どこの国のメーカーなのかを調べてみました!

Teclastはどこの国のメーカーなの?

Teclastは中国の広州(コウシュウ)市に本社を置く家電メーカーです。

Teclastはタブレットだけでなく「ノートパソコン」の製造・販売も行っており、日本ではAmazonを中心に購入することが出来ます。

またAmazonでは販売されていない海外モデルは、GearbestやAliExpressなどの輸入店にて販売されている場合があります。

<スポンサーリンク>

Teclastタブレットの特徴は?

Teclastが扱うタブレットは、低価格~中価格のモデルが多いです。1万円前後で買えるライトモデルと、3万円前後で買えるミドルレンジモデルがタブレットとして販売されています。

いわゆる「中華タブレット」と呼ばれるタブレットです。中華タブレットは性能が低くて価格の安いモデルが多いのですが、Teclastの場合はミドルレンジのモデルも取り扱われているので、そこそこ性能の高いタブレットを選ぶことが出来ます。

中国メーカーはTeclastのように、低価格・中価格帯にタブレットPC、高価格帯にノートPCをラインナップしているメーカーが多いです。

Teclastタブレットは買っても大丈夫なの?

中華タブレットと言えば「安物買いの銭失い」「安かろう悪かろう」イメージがあります。

実際に価格の安い製品の多い中国産家電は、コストを削りまくっている代わりに、パフォーマンスの良くない製品が多いです。

よくある「すぐ壊れた」「届いた製品の仕様が全く違った」などのトラブルは年々減っていますが、「思った以上にパフォーマンスが悪い」と言う意見はいまだに絶えません。

あくまで価格の安い製品はその程度のパフォーマンスだと言うことを頭に入れておきましょう。

その点Teclastタブレットは、まだマシな方ですね。ライトモデルのレビュー評価も高いですし、気に入らなければワンランク上にミドルレンジのモデルを購入することが出来ます。

もちろんエントリークラスなど、動作性能がすごく低いモデルもあるので、自分の使い方に合ったタブレットを選ぶことが重要です。

<スポンサーリンク>

Teclastタブレットの評判は?

Teclastタブレットを実際に購入した人の声を集めてみました。

Teclastのおすすめタブレットを紹介

TECLAST M40

こちらは2020年モデル「TECLAST M40」です。
チップセットにUNISOC T618が搭載されており、AnTuTuのベンチマークスコアは20万前後を記録しています。
日本のネットモールで25,000円ほどで購入できますが、Banggoodのセール時には2万円以下で売られていることも。
価格の安い割に動作性能が高いので、コスパは抜群に良いです!
発売 TECLAST/2020年8月
OS Android 10.0
動作性能 UNISOC T618/RAM6GB
AnTuTu:20万
ストレージ 内部128GB/外部対応
ディスプレイ 10.1インチ 1920×1200
カメラ 背面800万画素
前面800万画素
バッテリー 6000mAh
サイズ 約243 x 163 x 9.3 mm/531 g
参考価格 25,000円前後

<スポンサーリンク>

まとめ

Teclastタブレットはいわゆる格安の中華タブレットです。今回紹介した「T30」と「P80X」が看板機種としてAmazonの売れ筋端末となっております。もちろん他モデルも存在するので、気になる方はAmazonでチェックしてみて下さい。

ちなみにこちらのような2in1タブレットも販売されているので、興味のある方はそちらもチェックしてみて下さい。

もしTeclastよりももっと高性能なタブレットを探していると言う方はこちらの記事でハイスペックタブレットをまとめているので、ぜひ参考にしてみて下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。