Amazonのお買い物でポイントゲットする裏技

コスパ重視でタブレットを選ぶならAmazonかHUAWEIがおすすめ!

タブレットを選ぶとき、人によって条件って違いますよね。

例えば「ゲームを快適にプレイしたい」と思っている方はハイスペックタブレットを選ぶべきだし、「持ち運びやすい小さいタブレット」を探している方は7インチや8インチのタブレットを選ぶべきです。

今回はそんな中でもとりあえずタブレットを買ってみたいと言う方におすすめなコスパ重視のタブレットを紹介します。

とくに細かい条件が無く、ただ単純にタブレットを使ってみたいと言う方は、ぜひ今回紹介するタブレットをご検討ください!

コスパ重視でタブレットを選ぶならAmazonかHUAWEIの2択

コスパ重視ならAmazonかHUAWEIの2択

コスパは、コストパフォーマンスの略です。価格の割に性能が良いタブレットのことを指しますが、現在日本で販売されているタブレットの中で「コスパが良い」レベルのタブレットは主に2メーカーのみ。

それがタイトルにもある通り下記の2メーカーです。

  • Amazonタブレット(Fire)
  • HUAWEIタブレット(MediaPad)

この2メーカーが販売するタブレットは、価格が安い割に動作性能がしっかりとしているのでコスパが良いと言えるモデルが多いです。

有名なタブレットで言えばアップルのiPadシリーズが有名ですが、iPadは性能が良い分、価格もかなり高いのでコスパは微妙です。もしコスパ重視でタブレットを選ぶのなら、AmazonのFireシリーズかHUAWEIのMatePadシリーズがおすすめです!

<スポンサーリンク>

コスパの良いおすすめタブレット

というわけでおすすめのFire HDタブレットとMediaPadを紹介します。

Fire 7

Fire 7

こちらは2019年に登場した7インチモデル「Fire 7」です。
チップセットにMT8127が搭載されており、AnTuTuベンチマークスコアは5万前後と低スコアを記録しています。
こちらはAmazonのFireシリーズの7インチモデルです。動作性能が低い代わりに5,980円という安さで、何気に人気のタブレット。
7インチなので持ち運びやすい上に手軽に使えます。
発売 Amazon/2019年6月
動作性能 MT8127/1GBRAM
AnTuTu8:5万
ストレージ 内部16or32GB/外部512GB
ディスプレイ 7インチ/1024 x 600
カメラ 200万画素
バッテリー 3200mAh
サイズ 192 x 115 x 9.6 mm/286 g
カラー ブラック
参考価格 5,980円

Fire HD 8

Fire HD 8

こちらは2020年に登場した8インチモデル「Fire HD 8」です。
チップセットにMT8168が搭載されており、AnTuTuベンチマークスコアは9万前後を記録しています。
こちらはFireシリーズの8インチモデルで、価格は1万円前後です。Fire 7よりも4,000円ほど高く設定されておりますが、その分動作性能も上がっています。
ゲーム系のアプリをプレイするのであればFire 7よりもFire HD 8の方が向いています。
発売 Amazon/2020年5月
動作性能 MT8168/2GBRAM
AnTuTu8:9万
ストレージ 内部32or64GB/外部1TB
ディスプレイ 8インチ/1280×800
カメラ 200万画素
バッテリー 不明
サイズ 202 x 137 x 9.7 mm/355 g
カラー ブラック
ホワイト
ブルー
参考価格 9,980円
11,980円

Fire HD 8 Plus

Fire HD 8 Plus

こちらはFire HD 8の上位モデル「Fire HD 8 Plus」です。
Fire HD 8からRAMが1GB強化されているので、より動作が安定します。またFire HD8が対応していないワイヤレス充電にも対応しています。
Fire HD 8よりも2,000円ほど高くなっているので、RAM強化やワイヤレス充電にメリットを感じない方はFire HD 8を選びましょう。
発売 Amazon/2020年5月
動作性能 MT8168/3GBRAM
AnTuTu8:9万
ストレージ 内部32or64GB/外部1TB
ディスプレイ 8インチ/1280×800
カメラ 200万画素
バッテリー 不明
サイズ 202 x 137 x 9.7 mm/355 g
カラー ブラック
参考価格 11,980円
13,980円
14,980円(スタンド付)

Fire HD 10

Fire HD 10

こちらはFireシリーズの10型モデル「Fire HD 10」です。
チップセットにMT8183が搭載されており、AnTuTuベンチマークスコアが14万前後を記録しています。
こちらは10型タブレットなので、これまでのモデルの中では最も大きいサイズです。価格は15,980円です。
発売 Amazon/2019年10月
動作性能 MT8183/2GBRAM
AnTuTu8:14万
ストレージ 内部32or64GB/外部512GB
ディスプレイ 10.1インチ/1920 x 1200
カメラ 200万画素
バッテリー 不明
サイズ 262 x 159 x 9.8 mm/504 g
カラー ブラック
ホワイト
ブルー
参考価格 15,980円

MediaPad M5 lite 8

MediaPad M5 lite 8

こちらはHUAWEIの8型タブレット「MediaPad M5 lite 8」です。
チップセットにKirin710が搭載されており、AnTuTuベンチマークスコアは12万前後を記録しています。
価格は2万円前後の低価格に設定されているためコスパはかなり良い。
発売 HUAWEI/2019年5月
動作性能 Kirin710/3or4GBRAM
AnTuTu8:12万
ストレージ 内部32or64GB/外部512GB
ディスプレイ 8インチ/1920 x 1200
カメラ 背面1300万画素
前面800万画素
バッテリー 5100mAh
サイズ 204 x 122 x 8.2 mm/310 g
カラー スペースグレー
シャンパンゴールド
参考価格 2万円前後

MediaPad M5 lite 10

MediaPad M5 lite 10

こちらはHUAWEIの10型タブレット「MediaPad M5 lite 10」です。
チップセットにKirin659が搭載されており、AnTuTuベンチマークスコアは10万前後を記録しています。
こちらは先ほど紹介したM5 lite 8の10インチモデル。こちらの方が先に発売されているためチップセットに前作モデル(Kirin659)が搭載されております。そのため動作性能は8インチモデルのM5 lite 8の方が上です。
大きめのタブレットを探している方はこちらを選びましょう。
発売 HUAWEI/2018年11月
動作性能 Kirin659/3or4GBRAM
AnTuTu8:10万
ストレージ 内部32or64GB/外部256GB
ディスプレイ 10.1インチ/1920 x 1200
カメラ 背面800万画素
前面800万画素
バッテリー 7500mAh
サイズ 243 x 162 x 7.7 mm/480 g
カラー スペースグレー
参考価格 3万円前後

MediaPad T5

MediaPad T5

こちらもHUAWEIの10型タブレット「MediaPad T5」です。
チップセットにKirin659が搭載されており、AnTuTuベンチマークスコアは10万前後を記録しています。
MediaPad M5 lite 10よりもスペックの低い10インチタブレットです。価格が2万円前後なので、MediaPad M5 lite 10よりも安いです。動作性能が低くても問題のない方は、こちらのモデルの方がおすすめ。
発売 HUAWEI/2018年11月
動作性能 Kirin659/2or3GBRAM
AnTuTu8:10万
ストレージ 内部16or32GB/外部256GB
ディスプレイ 10.1インチ/1920 x 1200
カメラ 背面500万画素
前面200万画素
バッテリー 5100mAh
サイズ 243 x 164 x 7.8 mm/465 g
カラー ブラック
ミストブルー
参考価格 2万円前後

MediaPad M3 lite 10 wp

MediaPad M3 lite 10 wp

こちらはHUAWEIの防水10型タブレット「MediaPad M3 lite 10 wp」です。
こちらもチップセットにKirin659が搭載されており、AnTuTuベンチマークスコアは10万前後を記録しています。
こちらは防水に対応しているのが特徴で、かつては売れ筋ランキングによくランクインしていた人気タブレットです。防水対応タブレットをお探しの方におすすめ。
残念ながらすでに販売終了しているため、なかなか新品が入手できないのがネック。イオシスやムスビーなどの中古販売店をチェックしてみましょう。
発売 HUAWEI/2017年12月
動作性能 Kirin659/3GBRAM
AnTuTu8:10万
ストレージ 内部32GB/外部256GB
ディスプレイ 10.1インチ/1920 x 1200
カメラ 背面800万画素
前面800万画素
バッテリー 6660mAh
サイズ 248 x 173 x 7.8 mm/465 g
カラー ミスティックシルバー
参考価格 2万円前後

まとめ

端末名 価格 AnTuTu サイズ
Fire 7 5,980円 5万 7インチ
Fire HD 8 9,980円 9万 8インチ
Fire HD 8 Plus 11,980円 9万 8インチ
Fire HD 10 15,980円 14万 10インチ
MediaPad M5 lite 8 20,000円 12万 8インチ
MediaPad M5 lite 10 30,000円 10万 10インチ
MediaPad T5 20,000円 10万 10インチ
MediaPad M3 lite 10 wp 20,000円 10万 10インチ

AmazonとHUAWEIのタブレットは日本で発売されているタブレットの中ではかなりコスパが優れています。

HUAWEIは米中問題によって新しいモデルが販売できなくなってしまいましたが、今回紹介したタブレットはまだまだ現役で使えるのでおすすめです。

というわけで、特定の条件がなく、ただただ「タブレット買ってみたいなー」と思っている方は、今回紹介したコスパの良いモデルから選んでみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。