Amazonのお買い物でポイントゲットする裏技

【Blackview Tab11 レビュー】2万円台のコスパ最強タブレットを開封!

海外通販店や日本Amazonで売れている「Blackview」というメーカーを知っていますか?

Blackview(ブラックビュー)は中国のスマホメーカーで、タフネススマホや格安スマホで有名です。また今回のBlackview Tab11のような格安タブレットも多数販売しております。

Amazonのタブレット売れ筋ランキングを見てみても、今回のBlackview Tab11や別モデルのBlackview Tab12がランクインしています。

というわけで今回は初めて購入したBlackviewタブレットの「Blackview Tab11」を開封レビューしていきます!

  • 価格の安いAndroidタブレットを探している
  • 動画視聴など普段使い用のタブレットを探している

このような条件でタブレットを探している方は、ぜひ今回の「Blackview Tab11」をチェックしてみてください(*´▽`*)

Blackview Tab11のスペックと価格

Blackview Tab11のスペックと価格

名称 Blackview Tab11
メーカー Blackview(ブラックビュー)
発売日 2021年12月
OS Android 11
CPU UNISOC Tiger T618
RAM 8GB
内部ストレージ 128GB
外部ストレージ 512GB
画面サイズ 10.36インチ IPS
画面解像度 2000×1200
背面カメラ 1300万画素
前面カメラ 800万画素
バッテリー 6580mAh
Wi-Fi a/b/g/n/ac
カラー グリーン、グレー、シルバー
対応バンド(4G) LTE-FDD:B1/3/7/8/20

Blackview Tab11は日本Amazonにて3万円ほどで販売されておりますが、セールやクーポンの関係で25,000円前後で買えることが多いです。

今回筆者が購入したときも、33,900円から7,000円オフ適用で26,900円にて入手できました。Amazonの場合は値段の下に「クーポン」という項目があるので、そちらをチェックしてみてください。

<スポンサーリンク>

Blackview Tab11の開封レビュー

Blackview Tab11の開封レビュー

というわけで届いたBlackvie Tab11を早速開封レビューしていきます!

純正フリップケース付き

純正フリップケース付き

Blackview Tab11は純正のフリップケースが装着された状態で届きます。

純正フリップケース付き2

ケースの性能自体は普通ですが、タブレットケースはスマホケースよりも割高なので、ケースにこだわりが無い人にとってはどんなケースでも付属しているとありがたいですね。

純正フリップケース付き3

純正品なので装着感は抜群です。
ただしスタンド機能に対応していないので、もしスタンド機能付きケースを探しているのであれば、別のケースを購入しておきましょう。

外観をチェック

外観・細部をチェック

Blackview Tab11のサイズは「247 x 156.7 x 8.1 mm」と一般的なサイズ感です。まずは外観を見ていきましょう。

外観・細部をチェック2

正面から見て左側面には「イヤホンジャック」「電源ボタン」「ボリュームボタン」「USBポート(Type-C)」が配置されております。

外観・細部をチェック3

正面から見て右側面には「SIMトレイ」が配置されております。

外観・細部をチェック4

Blackview Tab11は「デュアルSIM」ですが、SIM2スロットがSDカードと排他利用となっております。
ちなみに最大512GBまでのmicroSDカードに対応しております。

外観・細部をチェック5

底面には「デュアルスピーカー」とセンサー類が配置されております。

外観・細部をチェック6

ちなみにBlackview Tab11はしっかりとカメラも搭載されているので写真を撮影できます。

付属品をチェック

付属品をチェック

続いてBlackview Tab11の付属品をチェックしていきましょう。

付属品をチェック2

こちらはACアダプター(充電器)です。

付属品をチェック3

こちらは充電・転送用のUSBケーブル(Type A to C)です。

付属品をチェック4

またOTGケーブルも付属していました。こちらを使えば別端末の充電や別モニターへの出力が可能です。

付属品をチェック5

取り扱い説明書も付属していました。SIMピンの使い方やSDカードのセッティング方法などが紹介されています。

AnTuTuベンチマークスコアは22万

AnTuTuベンチマークスコアは22万

Blackview Tab11はチップセットに「Tiger T618」が搭載されており、AnTuTuのベンチマークスコアは226173を記録しております。

22万は決して高いスコアではありませんが、中華の格安タブレットが軒並み10万前後スコアとなっているため、Blackview Tab11はより快適に動きます。

重量の実測値は489グラム

Blackview Tab11の重量

Blackview Tab11の重量は「489グラム」でした。

Blackview Tab11の重量2

ちなみに純正ケース付きの重量は「650グラム」でした。

Blackview Tab11の良いところ【メリット】

使って感じたBlackview Tab11の良いところを紹介します!

内部128GB外部512GBの大容量ストレージ

内部128GB外部512GBの大容量ストレージ

Blackview Tab11は内部128GB外部512GBの大容量ストレージが搭載されております。

タブレットで動画を保存する人は多いので、大容量であればあるほどメリットです。128GBあればある程度のファイルが保存できるのでおすすめです。

ちなみにシステムで13GB使われているので、実際使える内部ストレージは「115GB」ほどなので注意。

8.1ミリで薄くて持ちやすい

8.1ミリで薄くて持ちやすい

Blackview Tab11はかなり薄型設計となっているのが特徴的です。付属のフリップケースもかなり薄いので、持ちやすい上に持ち運びやすいのが良いですね。

純正ケースがイイ感じ

純正ケースがイイ感じ

Blackview Tab11は純正でフリップケースが付属しています。スタンド機能やカード収納機能は搭載されておりませんが、普通に使う分にはかなり使いやすくてイイ感じです。

純正ケースがイイ感じ2

ちなみにフタを開閉するだけで自動スリープしてくれます。

2Kの10.4インチディスプレイ搭載

2Kの10.4インチディスプレイ搭載

Blackview Tab11は10.36インチのIPS液晶ディスプレイが搭載されております。画面解像度2000×1200で程よく高解像度となっております。

液晶なので輝度は微妙ですが、動画視聴する分には申し分ない、むしろこの価格帯ならベストに近い仕様だと思います。こちらもおすすめポイント。

<スポンサーリンク>

Blackview Tab11の悪いところ【デメリット】

逆にBlackview Tab11の気になるところも紹介します。

スピーカー位置が微妙

スピーカー位置が微妙

Blackview Tab11はスピーカーが2つ搭載されております。デュアルスピーカー自体はメリットなのですが、配置位置が微妙です。

個人的には左右や上下わかれた配置が好みです。縦持ちの時に片側からしか聞こえないのが意外とストレスだからです。

ソフトバンク回線しか使えない

Blackview Tab11の4G対応バンドは「LTE-FDD:B1/3/7/8/20」です。

ドコモやauのプラチナバンドに対応していないため、ソフトバンク回線での使用をおすすめします。ソフトバンクであればB8に対応しているので快適に通信できます。

まとめ

というわけで中国の「Blackview Tab11」を開封レビューしてみました。

価格の割にかなり万能なので、動画視聴や軽い作業用にタブレットを探している方におすすめです。ぜひチェックしてみてください(*´▽`*)

Amazonで購入する場合は、下の「クーポン適用」をお忘れなく!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。