dtab d-01Kとarrows Tab F-02Kはどちらが良いのか違いを比較!

NTTドコモで販売されているHUAWEI製タブレット「dtab d-01K」と富士通製タブレット「arrows Tab F-02K」はどちらが良いのかスペックの違いを比較してみました!
どちらの端末を購入するか迷っている方は是非ご参考下さい^^

dtab d-01Kとarrows Tab F-02Kのスペック比較

スペック比較表
名称 dtab d-01K arrows Tab F-02K
画像
メーカー HUAWEI 富士通
発売時期 2018年2月 2018年2月
OS Android 7.0 Android 7.1
CPU Kirin 659
オクタコア
2.36GHz
1.7GHz
Snapdragon 660
オクタコア
2.2GHz
1.8GHz
RAM 3GB 4GB
ROM 32GB 32GB
外部ストレージ 最大256GB 最大256GB
画面サイズ 10.1 インチ 10.1 インチ
画面解像度 1920×1200 2560×1600
背面カメラ 800万画素 810万画素
前面カメラ 800万画素 500万画素
バッテリー 6500mAh 6000mAh
Wi-Fi a/b/g/n/ac a/b/g/n/ac
防水防塵 対応 対応
生体認証 指紋 虹彩
機種サイズ
(縦幅)
248 mm 256 mm
機種サイズ
(横幅)
173 mm 173 mm
機種サイズ
(厚み)
7.8 mm 7.3 mm
機種重量 475 g 441 g
カラー Gold
Silver
Black
Off White

dtab d-01Kとarrows Tab F-02Kの価格比較

dtab d-01Kの
「 54,432円 」に対して、
arrows Tab F-02Kは
「 82,944円 」になります。

2018年4月時点での新規契約の端末代金です。端末代金はdtabの方が安く設定されています。

dtab d-01Kとarrows Tab F-02Kの違いを比較「OS」

プリインストールされているOSのバージョンに違いがあります。

dtab d-01Kの
「 Android 7.0 」に対して、
arrows Tab F-02Kは
「 Android 7.1 」になります。

あくまでプリインストールのバージョンですが一応紹介。

dtab d-01Kとarrows Tab F-02Kの違いを比較「CPU」

また搭載されているCPUにも違いがあります。

dtab d-01Kの
「 Kirin 659 」に対して、
arrows Tab F-02Kは
「 Snapdragon 660 」になります。

dtabでは自社開発のKirin659が搭載されており、こちらはスマホのnova lite2でも採用されています。
一方のarrows Tabではキャリアスマホで多く採用されているクアルコム社のチップセットが採用されており、スナドラ660はZenFone4などに採用されています。
単純な性能ではスナドラ660の方が勝っています。

dtab d-01Kとarrows Tab F-02Kの違いを比較「RAM」

また搭載されているRAMの数値にも違いがあります。

dtab d-01Kの
「 3GB 」に対して、
arrows Tab F-02Kは
「 4GB 」になります。

RAMはCPUに次ぐ動作面に影響を与える重要なパーツです。
主に同時動作に影響を与えると言われており、もちろん数値が高いほど高性能です。

dtab d-01Kとarrows Tab F-02Kの違いを比較「画面解像度」

画面解像度にも違いがあります。

dtab d-01Kの
「 1920×1200 」に対して、
arrows Tab F-02Kは
「 2560×1600 」になります。

画面解像度は画面の縦横の点の数のことで、この点に色が入ることによって画面を映します。
もちろん点の数が多いほど細かいところまで表現できます。

dtab d-01Kとarrows Tab F-02Kの違いを比較「カメラ」

カメラの画素数にも違いがあります。まず背面が、

dtab d-01Kの
「 800万画素 」に対して、
arrows Tab F-02Kは
「 810万画素 」になります。

またインカメラの画素数にも違いがあります。

dtab d-01Kの
「 800万画素 」に対して、
arrows Tab F-02Kは
「 500万画素 」になります。

dtab d-01Kとarrows Tab F-02Kの違いを比較「バッテリー」

バッテリー容量にも違いがあります。

dtab d-01Kの
「 6500mAh 」に対して、
arrows Tab F-02Kは
「 6000mAh 」になります。

バッテリー容量がそのままバッテリー持ちの良さと言うわけではありませんが、dtab d-01Kの方が大容量です。

まとめると

価格差もあって、単純な性能はarrows Tabの方が優れています。
Kirin659とスナドラ660ではかなりの差があり、AntutuのスコアでもKirin659が9万前後なのに対してスナドラ660は13万超えとなっております。

また他にも「画面解像度」にも大きな違いがあり、
画面サイズが同じにも関わらずarrows Tabの方が高解像度になっています。

そして最後に「生体認証」の方法にも違いがあります。
dtabでは従来の指紋認証が採用されていますが、arrows Tabでは虹彩認証が採用されています。
こちらもそれぞれ好みが分かれるので比較ポイントになります。

1 COMMENT

匿名

バッテリー容量がそのままバッテリー持ちの良さと言うわけではありませんが、arrows Tab F-02Kの方が大容量です。

d-01Kの間違いじゃろ

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。