arrows Tab F-02Kと前作F-04Hの違いを比較してみました

NTTドコモで販売されている富士通製タブレット「arrows Tab F-02K」は前作にあたる富士通製タブレット「arrows Tab F-04H」からどの様な進化を遂げたのかスペックの違いを比較してみました!
どちらの端末を購入するか迷っている方は是非ご参考下さい^^

arrows Tab F-02Kとarrows Tab F-04Hのスペック比較

スペック比較表
名称 arrows Tab F-02K arrows Tab F-04H
画像
メーカー 富士通
発売時期 2018年2月 2016年7月
OS Android 7.1 Android 6.0
CPU Snapdragon 660
オクタコア
2.2GHz
1.8GHz
Snapdragon 808
ヘキサコア
1.82GHz
1.44GHz
RAM 4GB 3GB
ROM 32GB 32GB
外部ストレージ 最大256GB 最大256GB
画面サイズ 10.1 インチ 10.5 インチ
画面解像度 2560×1600 2560×1600
背面カメラ 810万画素 810万画素
前面カメラ 500万画素 240万画素
バッテリー 6000mAh 6000mAh
Wi-Fi a/b/g/n/ac a/b/g/n/ac
機種サイズ
(縦幅)
256 mm 266 mm
機種サイズ
(横幅)
173 mm 175 mm
機種サイズ
(厚み)
7.3 mm 6.8 mm
機種重量 441 g 439 g
カラー Black
Off White
Black
White

arrows Tab F-02Kとarrows Tab F-04Hの価格比較

前作F-04Hの
「 10,368円 」に対して、
今作F-02Kは
「 82,944円 」になります。

2018年4月時点での新規契約の端末代金です。F-04Hは前作だけあって価格がかなり下がっています。

arrows Tab F-02Kとarrows Tab F-04Hの違いを比較「OS」

プリインストールされているOSのバージョンに違いがあります。

前作F-04Hの
「 Android 6.0 」に対して、
今作F-02Kは
「 Android 7.1 」になります。

あくまでプリインストールのバージョンです。前作もアップデート配信で7.1に対応しています。

arrows Tab F-02Kとarrows Tab F-04Hの違いを比較「CPU」

また搭載されているCPUにも違いがあります。

前作F-04Hの
「 Snapdragon 808 」に対して、
今作F-02Kは
「 Snapdragon 660 」になります。

どちらもキャリアスマホでお馴染みクアルコム社のチップセットが採用されております。
今作では多くの端末に採用されているスナドラ660が搭載されており、こちらはAntutuベンチマークスコアで前作808を上回るスコアを記録しています。

arrows Tab F-02Kとarrows Tab F-04Hの違いを比較「RAM」

また搭載されているRAMの数値にも違いがあります。

前作F-04Hの
「 3GB 」に対して、
今作F-02Kは
「 4GB 」になります。

RAMはCPUに次ぐ動作面に影響を与える重要なパーツです。
主に同時動作に影響を与えると言われており、もちろん数値が高いほど高性能です。

arrows Tab F-02Kとarrows Tab F-04Hの違いを比較「画面サイズ」

画面サイズにも違いがあります。

前作F-04Hの
「 10.5インチ 」に対して、
今作F-02Kは
「 10.1インチ 」になります。

どちらも10型タブレットなのでかなり大きなディスプレイが搭載されておりますが、
今作では0.4インチコンパクト化されています。

arrows Tab F-02Kとarrows Tab F-04Hの違いを比較「カメラ」

前面カメラの画素数にも違いがあります。

前作F-04Hの
「 240万画素 」に対して、
今作F-02Kは
「 500万画素 」になります。

まとめると

前作からの変更点は、
「画面サイズ」と「インカメラの画素数」と「CPU」です。

まず画面サイズは10.5インチから10.1インチへと変更されており、コンパクト化されています。

そして「インカメラ」は前面カメラのことで、自撮りを行う方には重要なポイントです。前作の240万画素から500万画素へと引き上げられています。

「CPU」では型番こそ6xxシリーズになりましたが、多くの端末で採用されているスナドラ660で、こちらはベンチマークスコアの高さもあって安定感抜群です。

全体的に進化はしているものの、前作がかなり安く販売されていることもあって、個人的には前作を購入するのもありかと思います。

もちろんCPUが安定感のあるスナドラ660へと変更されているので、もし頻繁にタブレットを使うような場合には今作の方がオススメです。

1 Comment

匿名

キュレーションサイト
キュレーションメディア
いかがでしょうか?
どうでもいい不十分な比較。やり直し

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。