中華の格安タブレット「Dragon Touch MAX10」を開封してみた

dtab d-01Kと前作d-01Hの違いを比較してみました

NTTドコモで販売されているHUAWEI製タブレット「dtab d-01K」は前作にあたる「dtab d-01H」からどの様な進化を遂げたのかスペックの違いを比較してみました!
どちらの端末を購入するか迷っている方は是非ご参考下さい^^

dtab d-01Kとdtab d-01Hのスペック比較

スペック比較表
名称 dtab d-01K dtab d-01H
画像
メーカー HUAWEI
発売時期 2018年2月 2015年12月
OS Android 7.0 Android 5.1
CPU Kirin 659
オクタコア
2.36GHz
1.7GHz
Kirin 930
オクタコア
2.0GHz
1.5GHz
RAM 3GB 2GB
ROM 32GB 16GB
外部ストレージ 最大256GB 最大128GB
画面サイズ 10.1 インチ 10.1 インチ
画面解像度 1920×1200 1920×1200
背面カメラ 800万画素 1300万画素
前面カメラ 800万画素 500万画素
バッテリー 6500mAh 6500mAh
Wi-Fi a/b/g/n/ac a/b/g/n/ac
防水防塵 対応
指紋認証 対応
機種サイズ
(縦幅)
248 mm 240 mm
機種サイズ
(横幅)
173 mm 173 mm
機種サイズ
(厚み)
7.8 mm 7.5 mm
機種重量 475 g 498 g
カラー Gold
Silver
Silver

dtab d-01Kとdtab d-01Hの価格比較

前作dtab d-01Hの
「 58,968円 」に対して、
今作dtab d-01Kは
「 54,432円 」になります。

2018年4月時点で、端末購入サポートが適用された価格で前作d-01Kは0円で購入が可能です。

dtab d-01Kとdtab d-01Hの違いを比較「OS」

プリインストールされているOSのバージョンに違いがあります。

前作dtab d-01Hの
「 Android 5.1 」に対して、
今作dtab d-01Kは
「 Android 7.0 」になります。

あくまでプリインストールのバージョンですが一応紹介。

dtab d-01Kとdtab d-01Hの違いを比較「CPU」

また搭載されているCPUにも違いがあります。

前作dtab d-01Hの
「 Kirin 930 」に対して、
今作dtab d-01Kは
「 Kirin 659 」になります。

どちらの端末も自社開発のKirinシリーズが搭載されていますがバージョンが違います。
前作で採用されているKirin 930はAntutuの旧スコアで5万台でしたが、
今作で採用されているKirin 659では新スコアで9万近くまで上がっています。
旧スコアと新スコアでは少しスコア差が出ますが、それでもかなりの差があるので、Kirin 659の方が優れています。

dtab d-01Kとdtab d-01Hの違いを比較「RAM」

また搭載されているRAMの数値にも違いがあります。

前作dtab d-01Hの
「 2GB 」に対して、
今作dtab d-01Kは
「 3GB 」になります。

RAMはCPUに次ぐ動作面に影響を与える重要なパーツです。
主に同時動作に影響を与えると言われており、もちろん数値が高いほど高性能です。

dtab d-01Kとdtab d-01Hの違いを比較「ROM」

また搭載されているROMの容量にも違いがあります。

前作dtab d-01Hの
「 16GB 」に対して、
今作dtab d-01Kは
「 32GB 」になります。

ROMは内部ストレージのことで端末本体の容量のことです。
スマホで何らかのファイルを管理する方は大容量が必要になります。

dtab d-01Kとdtab d-01Hの違いを比較「外部ストレージ」

外部ストレージの対応数にも違いがあります。

前作dtab d-01Hの
「 最大128GB 」に対して、
今作dtab d-01Kは
「 最大256GB 」になります。

外部ストレージはSDカードによって増設出来る容量のことで、端末それぞれで最大対応数が異なります。

dtab d-01Kとdtab d-01Hの違いを比較「カメラ」

カメラの画素数にも違いがあります。

前作dtab d-01Hの
「 1300万画素 」に対して、
今作dtab d-01Kは
「 800万画素 」になります。

またインカメラの画素数にも違いがあります。

前作dtab d-01Hの
「 500万画素 」に対して、
今作dtab d-01Kは
「 800万画素 」になります。

dtab d-01Kとdtab d-01Hの違いを比較「防水防塵」

今作d-01Kでは 防水防塵に対応 しています。前作では未対応だったので進化ポイントになります。

dtab d-01Kとdtab d-01Hの違いを比較「指紋認証」

今作d-01Kでは 指紋認証に対応 しています。こちらも前作では未対応の機能です。

まとめると

前作が型落ちと言うこともあって、端末購入サポートが適用された場合には0円で手に入れることが出来ます。
端末購入サポートは12ヶ月以上の契約が条件なので、端末のみ欲しいという方には厳しいかもしれません。

一方で最新作にあたるd-01Kを選ぶメリットとしては、
まず「CPU」や「RAM」が強化されているところです。これによって動作面では間違いなく快適さが向上しています。

そして次に「ROM」や「外部ストレージ」の容量が増量しているので、タブレットで何らかのファイルを管理する方にはありがたい進化です。

最後に「防水防塵」と「指紋認証」に新たに対応しているので、これらの機能に魅力を感じる方はもちろん今作d-01Kを選ぶべきでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。