Amazonのお買い物でポイントゲットする裏技

Surface Pro 4と前作Surface Pro 3の違いを比較してみました

人気タブレットSurface Proシリーズの最新作「Surface Pro 4」とその前作にあたる「Surface Pro 3」のスペックの違いを比較してみました!

Surface Pro4と前作Surface Pro3の比較

Surface Pro 4 Surface Pro 3
画像
OS Windows 10 Windows 8.1 Pro
CPU Core M3
Core i5
Core i7
Core i3
Core i5
Core i7
RAM 4GB
8GB
12GB
4GB
8GB
液晶サイズ 12.3インチ 12インチ
画面解像度 2736×1824ドット
267ppi
2160×1440ドット
216ppi
アスペクト比 3:2 3:2
ROM 128GB SSD
256GB SSD
512GB SSD
1T SSD
128GB SSD
256GB SSD
512GB SSD
カメラ画素数 背面:800万画素
前面:500万画素
背面:500万画素
前面:500万画素
バッテリー 最大9時間 最大9時間
機種サイズ 約292.10×201.42×8.45 mm 約292.1×201.4×9.1 mm
機種重量 Core M3:約766g
Core i5/i7:約786g
約800g

Surface Pro 4と前作Surface Pro 3の違いを比較「OS」

オペレーションシステムは、バージョンアップしました。
前作のSurface Pro 3の「 Windows8.1 」に対して、
近作のSurface Pro 4は「 Windows 10 Pro 」になります。

Surface Pro 4と前作Surface Pro 3の違いを比較「CPU」

CPUも大幅にバージョンアップしました。
前作のSurface Pro3はモデル別に、
Core i3-4020Y
Core i5-4300U
Core i7-4650U
を搭載していましたが、

近作のSurface Pro4はモデル別に、
第6世代Core m3(Skylake-Y)
第6世代Core i5(Skylake-U)
第6世代Core i7(Skylake-U)
を搭載します。
チップについての詳細情報は未だ非公開ですが、
発表によるとパフォーマンスは大よそ30%向上しているとこです。

Surface Pro 4と前作Surface Pro 3の違いを比較「液晶サイズ」

液晶サイズもわずかながら変更がありました。
前作のSurface Pro 3の「 12インチ 」に対して、
近作のSurface Pro 4は「 12.3インチ 」になります。
わずかではありますが0.3インチサイズアップしました。

Surface Pro 4と前作Surface Pro 3の違いを比較「画面解像度」

画面解像度は人によっては重要なポイントです。
前作のSurface Pro 3の「 2160×1440ドット 216ppi 」に対して、
近作のSurface Pro 4は「 2736×1824ドット 267ppi 」になります。
画面解像度は画面の縦横の点の数のことで、当然数が多い程細かい所まで色を入れる事が出来ます。

Surface Pro 4と前作Surface Pro 3の違いを比較「内臓メモリ」

内蔵メモリ(RAM)も増設モデルが出ました。
Surface Pro 3は4GBモデルと8GBモデルがありましたが、
近作Surface Pro 4は新たに12GBモデルも追加されました。

Surface Pro 4と前作Surface Pro 3の違いを比較「ストレージ」

ストレージ(ROM)も増設モデルが出ました。
Surface Pro 3は128GBモデルと256GBモデルと512GBモデルの3種類でしたが、
近作Surface Pro 4は新たに1Tモデルも追加されました。
ちなみに全モデルHDDではなくSSDを採用しています。

Surface Pro 4と前作Surface Pro 3の違いを比較「カメラ」

単純なカメラ画素数も上昇しました。
前作のSurface Pro 3の「 500万画素 」に対して、
近作のSurface Pro 4は「 800万画素 」になります。
前面カメラは変わらず、500万画素になります。

Surface Pro 4と前作Surface Pro 3の違いを比較「サイズ/重量」

縦幅横幅に変更は無く、
厚みがむしろ前作よりも 0.5ミリ近く薄型化に成功しています。

タッチペンに注目!

タッチペン機能に大きな変更点があります。付属のタッチペン自体は、
検知レベルが前作のSurface Pro 3の256段階から1024段階に強化されており、
背面に消しゴム機能も搭載しました。収納方法も変更され、側面にマグネット装着出来るようになりました。
他にもペン先のアクセサリ「Surface Pen Tip Kit」なども追加されており、よりバリエーションが豊富に。

Surface pro 4のデザイン



Surface Pro 4の価格

様々なモデルがあり、当然ですがモデル別に価格が異なります。
Core M3を搭載したモデルが最安値で899ドルとの事です。価格一覧は以下になります。

Core m3(CPU)/4GB(RAM)/64GB(ROM)モデル:899ドル
Core i5/4GB/128GBモデル:999ドル
Core i5/8GB/256GBモデル:1299ドル
Core i5/16GB/256GBモデル:1499ドル
Core i5/16GB/512GBモデル:1899ドル
Core i7/8GB/256GBモデル:1599ドル
Core i7/16GB/256GBモデル:1799ドル
Core i7/16GB/512GBモデル:2199ドル
Core i7/16GB/1TBモデル:2699ドル

<スポンサーリンク>

まとめ

人気タブレットであることは言うまでもありませんが、
今回のSurface Pro4もSurface Pro3から程よく進化しており、スペックも全体的には悪いところはありませんね。
そして少し触れましたが付属品のタッチペン機能の向上やキーボード機能の向上、
そして薄型化かつ軽量化にも成功しており持ち運びにも便利な2in1タブレットとしては、
かなり重要な部分が性能アップしています。
そして何よりも、価格がそこまで上がっていない点にも注目したいです。
Surface Pro3からの買い替えや、Surface Proシリーズがずっと気になっていた方など、
色々な層の方にオススメできるタブレットと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です