タブレットは「Android」と「Windows」どちらが良い?

現在国内で採用されているタブレットのOS種類は、「Android OS」「Windows OS」「iOS」の3種類に分かれています。OSそれぞれに特徴があり、人によって扱いやすさが異なります。
今回は中でも比較されがちな「Android」と「Windows」の違いについてまとめてみました。どちらのOSを搭載したタブレットを選ぶか迷っている方は是非ご参考を!

AndroidとWindowsタブレットの違い

「Androidタブレット」と呼ばれているモデルと「Windowsタブレット」と呼ばれているモデルの違いは、冒頭にも記載したように搭載OSの種類です。

Androidタブレットはグーグル社のAndroid OSが搭載されており、Androidスマートフォンでお馴染みのOSです。

一方のWindowsタブレットはマイクロソフト社のWindows OSが搭載されており、Windowsパソコンでお馴染みのOSです。

AndroidとWindowsはどちらが良いのか

OSが違うので、使い勝手に大きな違いがあります。先ほども記載しましたが、Android OSはAndroidスマホにも搭載されているので、Androidスマホを使っている方には馴染みがあるのでオススメです。
逆にWindows OSもまたWindowsのパソコンに搭載されているOSなので、Windowsパソコンを使っている方には馴染みがあります。

さらに言えばiPadに搭載されているiOSもiPhoneシリーズに搭載されているOSなので、iPhoneユーザーには使いやすい仕様です。

Androidタブレットを選ぶメリット

Androidタブレットは自由度が高いです。Androidスマホを使っているユーザーならカスタマイズもやりやすいと思いますし、多くの開発者がAndroidアプリを開発しているので、便利なツール系のアプリからユーザー数の多いゲーム系のアプリまで様々なアプリが利用出来ます。

さらにAndroidタブレットは種類が多いので、スペックや価格も様々です。自身の使い用途にあったレベルのタブレットを選ぶことが出来るのは大きなメリットと考えてよいでしょう。

Windowsタブレットを選ぶメリット

Windowsタブレットを選ぶメリットは、ビジネスシーンに向いていると言う点があります。Windowsパソコンでお馴染みのオフィス系のツールを使うことが出来ます。
エクセルやパワーポインターと言ったお馴染みのビジネス系ツールが使えるので、仕事用として運用する場合にはWindowsタブレットの方がおすすめです。

まとめ

動画の視聴・ゲームアプリ・読書などをメインにタブレットを探している方はAndroidタブレットがオススメです。お手軽に持ち運びが出来るビジネス用のタブレットを探している方はWindowsタブレットがオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。