Amazonのお買い物でポイントゲットする裏技

ALLDOCUBEタブレットはどこの国のメーカー?評判は良いのか?

Amazonで販売されている「ALLDOCUBE」というメーカーのタブレットをご存じでしょうか。

Amazonのタブレット売れ筋ランキングなんかを見てみると、ALLDOCUBEのタブレットがチラホラとランクインしています。

今回はそんな「ALLDOCUBE」が一体どこの国のメーカーなのかを調べてみました!

ALLDOCUBEはどこの国のメーカーなの?

ALLDOCUBEは中国の深セン市に本社を置く家電メーカーです。

ALLDOCUBEはタブレットだけでなく「ノートパソコン」の製造・販売も行っており、日本ではAmazonやAIiExpres経由で購入することが出来ます。

<スポンサーリンク>

ALLDOCUBEタブレットの特徴は?

ALLDOCUBEが扱うタブレットは、1万円前後の格安モデルが多いです。そういった格安モデルは、動作性能もかなり低いので使い手を選びます。

3万円ぐらいで買える上位モデルも販売されているので、すべてのモデルが低スペックと言うわけでは無いです。とくに有機ELディスプレイを搭載した「ALLDOCUBE X」は3万円台の割にコスパが良いのでオススメです。

ALLDOCUBEタブレットは買っても大丈夫なの?

中華タブレットと言えば安物買いの銭失いのイメージがあります。

実際に価格の安い製品の多い中国産家電は、コストを削りまくっている代わりに、パフォーマンスの良くない製品が多いです。

よくある「すぐ壊れた」「届いた製品の仕様が全く違った」などのトラブルは年々減っていますが、「思った以上にパフォーマンスが悪い」と言う意見はいまだに絶えません。

あくまで価格の安い製品はその程度のパフォーマンスだと言うことを頭に入れておきましょう。

とくにALLDOCUBEタブレットは価格の安いモデルが多いので、その辺りの理解は必要です。後悔したくないのであれば、少し予算を追加してHUAWEIのMediaPadシリーズを選びましょう。

<スポンサーリンク>

ALLDOCUBEタブレットの評判は?

ALLDOCUBEタブレットを実際に購入した人の声を集めてみました。

マイナーなタブレットなので、そもそもSNSの投稿数自体が少なかったものの、否定的な意見が少なかったのが印象的です。Amazonレビューを見ると、「ゲームをするために買ったが、カクつく」「ゲームには向いていない」などの意見が多かったので、SNSでも批判的な意見が多いと予想していただけに意外な結果でした。

ALLDOCUBEのおすすめタブレット

ALLDOCUBE iPlay40 Pro

こちらはALLDOCUBEの10型タブレット「iPlay 40 Pro」です。
チップセットにTiger T618が搭載されており、AnTuTuのベンチマークスコアは20万を記録しています。
そこらの中華タブレットよりも性能が優れていて、レビュー評価の高い評判の良いタブレットです。価格は3万円ほど。
ALLDOCUBEのタブレットはこちらと、こちらの下位モデル「iPlay40」が人気です!
発売 ALLDOCUBE/2021年8月
OS Android 10.0
動作性能 UNISOC T618/RAM8GB
AnTuTu:20万
ストレージ 内部256GB/外部2TB
ディスプレイ 10.4インチ 2000×1200
カメラ 背面800万画素
前面500万画素
バッテリー 6200mAh
サイズ 約248.1 x 157.9 x 8.3 mm/474 g
参考価格 30,000円前後

<スポンサーリンク>

まとめ

ALLDOCUBEタブレットはいわゆる格安の中華タブレットです。価格の安いモデルが多く、その分動作性能も低くなっております。

普段使いさえ快適であれば良い、動画さえ見れれば良い、そんな方にはオススメです。しかし、例えばゲームアプリをプレイする予定がある場合や、何らかの作業をするつもりであれば、もう少しランクの高いタブレットを選びましょう。

2 COMMENTS

まえはたのりこ

alldocubeタブレットの画面にalldocubeと云う文字がずっと表示されている  どうしたら消えるのか?

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。