Amazonのお買い物でポイントゲットする裏技

CHUWIタブレットはどこの国のメーカー?評判は良いのか?

Amazonで販売されている「CHUWI」というメーカーのタブレットをご存じでしょうか。

Amazonで「CHUWI」と検索すると、タブレットやノートパソコンがいっぱい出てきます。またタブレットやノートパソコンの売れ筋ランキングでもチラホラとCHUWIの製品がランクインしています。

今回はそんな「CHUWI」が一体どこの国のメーカーなのかを調べてみました!

CHUWIはどこの国のメーカーなの?

CHUWIは中国の深セン市に本社を置く家電メーカーです。

CHUWIはタブレットだけでなく「ノートパソコン」の製造・販売も行っており、日本ではAmazonを中心に購入することが出来ます。

またAmazonでは販売されていない海外モデルは、GearbestやAliExpressなどの輸入店にて販売されている場合があります。

<スポンサーリンク>

CHUWIタブレットの特徴は?

CHUWIが扱うタブレットは、ミドルレンジモデルが多いです。大体2万円~3万円ぐらいのモデルですね。しかし「2in1タブレット」としていろんなタブレットが販売されているので、モデルによっては5万円ぐらいする場合もあります。

いわゆる「中華タブレット」と呼ばれるタブレットです。中華タブレットは性能が低くて価格の安いモデルが多いのですが、CHUWIの場合は性能がそれなりに良いので、コスパが優れているのが特徴です。

CHUWIタブレットは買っても大丈夫なの?

中華タブレットと言えば安物買いの銭失いのイメージがあります。

実際に価格の安い製品の多い中国産家電は、コストを削りまくっている代わりに、パフォーマンスの良くない製品が多いです。

よくある「すぐ壊れた」「届いた製品の仕様が全く違った」などのトラブルは年々減っていますが、「思った以上にパフォーマンスが悪い」と言う意見はいまだに絶えません。

あくまで価格の安い製品はその程度のパフォーマンスだと言うことを頭に入れておきましょう。

その点CHUWIタブレットは、まだマシな方ですね。パフォーマンスが低いと言ってもある程度の性能が搭載されているので、他の格安タブレットほどパフォーマンスにストレスを感じる事は少ないと思います。

もちろんエントリークラスなど、動作性能がすごく低いモデルもあるので、自分の使い方に合ったタブレットを選ぶことが重要です。

<スポンサーリンク>

CHUWIタブレットの評判は?

CHUWIタブレットを実際に購入した人の声を集めてみました。

CHUWIは中華タブレットの中では、かなり有名なタブレットなので、SNSでも購入者が多かった印象です。

皆さん口をそろえて言っているのが「コスパの良さ」です。動作性能がそれなりに高いので、モデルによってはゲームアプリもプレイすることが出来ますし、重い作業をこなすことも出来ます。

また2in1タブレットが多いので、ノートパソコンのように扱うことも可能です!

CHUWIのおすすめタブレットを紹介

HiPad Plus

こちらは2021年モデル「HiPad Plus」です。
チップセットにMT8183が搭載されており、AnTuTuのベンチマークスコアは12万前後を記録しています。
2176×1600の高解像度ディスプレイが特徴です。昔は日本のAmazonでも販売されておりましたが、現在はBanggoodでしか買えないっぽい?
※日本Amazonでも販売再開していました
発売 CHUWI/2021年1月
OS Android 10.0
動作性能 MT8183/RAM4GB
AnTuTu:12万
ストレージ 内部128GB/外部128GB
ディスプレイ 11インチ 2176×1600
カメラ 背面1300万画素
前面500万画素
バッテリー 7300mAh
サイズ 約248.3 x 179.5 x 6.95 mm/505 g
参考価格 35,000円前後

最近はHiPad Plus以外のタブレットやノートPCも日本Amazonで販売されています。

<スポンサーリンク>

まとめ

CHUWIはどちらかと言えばノートパソコンが主流です。HiPad PlusやHiPad Plus Airもそれなりに値段が高いので、中華の格安タブレットを探している方には微妙かも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です