Amazonのお買い物でポイントゲットする裏技

【2021年最新】中華以外のおすすめタブレット6選【中国が苦手な人】

「中国製ではないおすすめのタブレットを教えてほしい」

先日このようなお問い合わせをいただきました。筆者はスマホの情報ブログも運営しているのですが、そちらのブログでも過去に同じような内容のお問い合わせをいただいたことがあります。

現在日本で販売されているスマホ・タブレットは中国製品が多く、売れ筋ランキングにもかなりの数がランクインしています。

例えばタブレットで言うと、ランキング上位に入っている「MediaPadシリーズ」が中国HUAWEIの製品となっております。

中国家電は昔から「安かろう悪かろう」のイメージがありますが、何気に最近はコスパの良い製品が多いので筆者的にはおすすめです(;´・ω・)

しかし今回お問い合わせいただいた方も然り、現在も一部のユーザーから敬遠されているのも事実です。というわけで今回は中国メーカー以外のおすすめタブレットを紹介します。

中国以外のタブレットを探している方は、ぜひ参考にしてみてください。

なんだかんだMediaPadが強い

なんだかんだMediaPadが強い

タブレットの売れ筋ランキングを見ると、MediaPadという名前のタブレットが大量にランクインしています。MediaPadはいろんな種類のタブレットが販売されておりますが、どれもコスパが良いので大人気。

しかし残念ながらこのMediaPadを製造する「HUAWEI」は中国のメーカーです。

もちろん今回の記事では他のメーカーのタブレットを紹介するわけですが、コスパだけで言えばMediaPadに負けているタブレットも多いので、「メーカーを取るか」「コスパを取るか」は、自分で選んでください。

「できれば中国のタブレットを避けたい」ぐらいのレベルなら、MediaPadの購入も検討してみてください。かなりおすすめのタブレットなので。

こちらはMediaPad M5 liteの8インチモデルです。

こちらはMediaPad M5 liteの10インチモデルです。どちらも2万円前後で買える評判の良いタブレットです。

<スポンサーリンク>

予算があるならiPadがベスト

予算があるならiPadがベスト

MediaPadは価格が安くておすすめのタブレットですが、もし予算に余裕があるのならなんだかんだiPadがおすすめです。

ハイスペックで動作は快適ですし、アプリも豊富ですし、レビュー評価もめちゃくちゃ高いタブレットです。いろいろと選ぶのが面倒でお金に余裕があるなら、とりあえず何も考えずにiPhoneを選びましょう。

中華以外のおすすめタブレット6選

というわけで中国以外のメーカーが販売しているタブレットの中で、なるべく評判の良い6機種をピックアップしてみました。

iPad (2019秋)

iPad 2019

こちらは国内で大人気のアップル(アメリカ)タブレット「iPad」の2019年モデルです。
チップセットにA10 Fusionが搭載されているので、AnTuTu8のベンチマークスコアでは25万前後とハイスコアを記録。
いろんなスペックが高水準で、音ゲーなどに強いのも有名です。現行以外のモデルは入手しずらいのが難点ですが、中古も視野にいれるのであればイオシスやムスビーなどで入手できます。
価格は35,000円~60,000円ほどです。
発売 APPLE/2019年秋
動作性能 A10 Fusion/RAM3GB
AnTuTu8:25万
AnTuTu7:20万
ストレージ 32GB/128GB
ディスプレイ 10.2インチ 2160×1620
カメラ 背面800万画素
前面120万画素
サイズ 250.6 × 174.1 × 7.5 mm/483or493 g
参考価格 Wi-Fiモデル:
34,800円(32GB)
44,800円(128GB)

Wi-Fi+Cellularモデル:
49,800円(32GB)
59,800円(128GB)

iPad Pro 11型/12.9型(2018秋)

iPad Pro

そしてこちらは上位モデルの「iPad Pro」です。
「iPad Pro」はiPadシリーズの中でもハイパフォーマンスが売りの上位シリーズです。2018年秋モデルはチップセットにA12X Bionicを搭載しており、AnTuTu8のベンチマークスコアは70万超えと言うハイスコアを記録しています。

国内のモデルと比べると性能が段違いに良くて、動作性能・デザイン性の高さ・人気の高さを考えるとハイスペックモデルの中ではナンバーワンと考えて良いでしょう。
もちろんその分価格がとても高いので、安いモデルやコスパの良いモデルを探している方には微妙です。

発売 APPLE/2018年秋
動作性能 A12X Bionic
AnTuTu8:70万
AnTuTu7:55万
ストレージ 64GB/256GB/512GB/1TB
ディスプレイ 12.9インチ 2732 × 2048
11.0インチ 2388 x 1668
カメラ 背面1200万画素
前面700万画素
サイズ 247.6 × 220.6 × 6.9 mm/468 g
250.6 × 174.1 × 6.1 mm/631~633 g
参考価格 11型Wi-Fi:
89,800円(64GB)
106,800円(256GB)
128,800円(512GB)
172,800円(1TB)

11型Wi-Fi+Cellular:
106,800円(64GB)
123,800円(256GB)
145,800円(512GB)
189,800円(1TB)

12.9型Wi-Fi:
106,800円(64GB)
123,800円(256GB)
145,800円(512GB)
189,800円(1TB)

12.9型Wi-Fi+Cellular:
111,800円(64GB)
128,800円(256GB)
150,800円(512GB)
194,800円(1TB)

iPad mini 4

iPad mini 4

こちらはそんなiPadのコンパクトモデル「iPad mini 4」です。
こちらは2015年代のモデルなので少し古いですが、全然現役で使えるので紹介しておきます。AnTuTuベンチマークスコアは旧スコアで85000前後と控えめ。
最新のiPadなどと比べると性能は著しく劣りますが、それでも普段使いや動画の視聴程度なら問題なく動くでしょう。
ディスプレイサイズは約8インチの8型タブレットとなっております。小さいタブレットを探していると言う方におすすめ。
メーカー APPLE
発売時期 2015年夏
OS種類 iOS
主な仕様 ・A8
・7.9インチ
・Retinaディスプレイ
・2048×1536ドット
・135×203×6.1mm
参考価格 Wi-Fiモデル:
42,800円(16GB)
53,800円(64GB)
64,800円(128GB)

Wi-Fi+Cellularモデル:
56,800円(16GB)
67,800円(64GB)
78,800円(128GB)

Fire HD 8 Plus

Fire HD 8

こちらはアメリカのAmazonが販売するFireタブレット「Fire HD 8 plus」です。
スタンダードモデル「Fire HD 8」の急速充電とワイヤレス充電に対応した上位バージョンです。32GBモデルが11,980円、64GBモデルが13,980円なので、価格がかなり安いです。
AnTuTuのベンチマークスコアは95000ほど。
メーカー Amazon
発売時期 2020年春
OS種類 Android
主な仕様 ・2.0GHzクアッドコア
・8.0インチ
・1280×800ドット
・バッテリー最大12時間
参考価格 11,980円(32GB)
13,980円(64GB)

LAVIE Tab E TE507/JAW


そしてこちらは日本NECの7型タブレット「LAVIE Tab E TE507/JAW」です。
日本メーカーということで取り上げてみましたが、ぶっちゃけ性能が低すぎるので微妙。CPUにMT8161が搭載されておりますが、AnTuTuベンチマークスコアでは4万前後とかなりの低スコア。
ネットサーフィンや動画の視聴ぐらいなら大丈夫だと思いますが、快適かどうかで言えば微妙なライン。価格は15,000円ほどですが、性能が低いのでコスパも微妙。
メーカー NEC
発売時期 2018年10月
OS種類 Android
主な仕様 ・MT8161
・7.0インチ
・1280×720ドット
・260g
参考価格 19,800円

Qua tab QZ10

Qua tab QZ10

こちらはauから販売されている京セラ(日本)製10型タブレット「Qua tab QZ10」です。
このタブレットはなんと温水対応のタブレットです。
2018年に発売されたキャリアモデルなので、白ロム(中古)しか購入できないのがネック。チップセットにSnapdragon 625が搭載されているので、AnTuTuのベンチマークスコアは8万前後を記録しています。
防水防じんはIP58対応で、バッテリーは7000mAhの大容量搭載。お風呂用のタブレットとしてはかなりおすすめなのですが、ほとんど出品されていないので入手が困難。
発売 京セラ/2018年3月
初期OS Android 7.1
動作性能 Snapdragon 625/RAM3GB
AnTuTu8:8万
ストレージ 32GB/外部256GB
ディスプレイ 10.1インチ 1920×1200
カメラ 背面1300万画素
前面500万画素
バッテリー 7000mAh
サイズ 259 × 168 × 8.6 mm/503 g
カラー オフホワイト
ボルドー
オリーブブラック
参考価格 20,000円前後

<スポンサーリンク>

まとめ

なんだかんだMediaPadシリーズがコスパ良いので、それ以外のモデルを選ぶとなるとiPadが無難でしょう。

ただしiPadシリーズは価格が高いので過去モデルや白ロム(中古)での入手がおすすめ。それ以外のタブレットの方がいいと言う方は、Fireシリーズが有力候補かも?

4 COMMENTS

匿名

こういう記事は凄く有難いです。
中華のは他国潰しのためか反則的にコスパ良くしていますけど、中華のものを買う…中華に利益を与えるのは尖閣への侵略費用を支払っているのと道義だと思います。知らずに買うのは仕方ないですがあえて買うのは極力避けたいです。

返信する
匿名

結局中華製(何故かHUAWEIしか紹介してない)を買うしかねぇなって言わせたいが為のうっすい記事

返信する
匿名

こういう情報を探していたので有り難うございます。
Androidタブレットは中国によって他国製は駆逐されてしまったという事ですかね。
今や全世界の大メーカーが、あの手この手でユーザのビッグデータを収集しています。例えば日本ではPayPayやPonta等、ビッグデータを収集できるからこそ巨費を投じてまでポイントなどで利用者にメリットを供与しています。
安さの裏には何かあると見るべき時代なのかも知れません。

返信する
K

最近、レノボを買ったけど、表示されてる性能より低い気がする。
買い替え前のタブレットよりかなり動作が重たいんですよ。

ソニーのタブレットはサクサク動いて良かったんですけどね。
また新製品を販売してくれないかな。値段は気にせず買うんですけど

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。