Amazonのお買い物でポイントゲットする裏技

【2022年最新】Amazonの激安中華タブレットおすすめ6選

Amazonで販売されている「激安中華タブレット」を見たことはありませんか?

1万円や2万円で売られている格安の中国製タブレットのことなのですが、何気にAmazonのタブレット売れ筋ランキング上位にランクインするほど人気があります。

「中国製の激安製品は壊れそうで怖い…」

このように思っている方は多いはず。中国製品と言えば昔から「安かろう悪かろう」のイメージがありますからね。

しかし最近Amazonで販売されている格安タブレットに関しては、単純に性能が低いから価格が安いだけで品質はそこまで悪くないのです。

「ネットサーフィン」「動画視聴」「電子書籍」ぐらいの用途なら、そこまで性能の高いタブレットは必要ありません。むしろ低スペックで低価格の方がありがたいはずです。そういう方にこそ、今回紹介する激安中華タブレットがおすすめです。

ただし一口に中華タブレットと言っても、メーカーや端末はさまざま。一部のメーカーでは、バッテリーがすぐ切れる・電源が入らなくなる・ディスプレイの一部分が映らなくなる、と言った粗悪品が販売されているので、中華タブレットを買うときは慎重に選ばないといけません。

本記事では、これまで様々な中華タブレットの調査記事を執筆してきた経験を活かして、「このメーカーは問題ない」と感じた中華タブレットのおすすめ機種を紹介します。

中華タブレットに興味のある方や格安タブレットを探している方は、ぜひ参考にしてみてください!

Amazonで販売されている中華タブレット

現在Amazonで販売されている中華タブレットはかなり多くて、これまで当ブログで取り上げてきたメーカーだけでも16メーカーもありました。

  • Vankyo
  • ALLDOCUBE
  • Dragon Touch
  • CHUWI
  • Teclast
  • BENEVE
  • Winnovo
  • HAOQIN
  • TYD
  • VUCATIMES
  • ZONKO
  • BEISTA
  • AEEZO
  • Vastking
  • VIVIMAGE
  • COOPERS

VANKYOやALLDOCUBEは聞いたことある人もいるのではないでしょうか。Amazonで長い間売れ筋ランキングにランクインしているタブレットです。

どのメーカーも格安タブレットを販売しておりますが、やばいメーカーはレビュー評価が悪くなるので分かりやすいです。この中から信用できるおすすめタブレットを紹介していこうと思います。

<スポンサーリンク>

おすすめの中華タブレット6選

おすすめの中華タブレット6選

というわけで評判の良いモデルや有名なモデルを中心におすすめ機種を紹介します!

VANKYO MatrixPad S30(10インチ)

VANKYO S30

こちらはVANKYOの10型タブレット「VANKYO S30」です。
チップセットにSC9863Aが搭載されており、AnTuTuのベンチマークスコアは10万前後を記録しています。
そこまで性能は高くありませんが、15,000円~20,000円ぐらいで買えるので、コスパで言えば優秀な部類。
発売 VANKYO/2020年4月
OS Android 10.0
動作性能 SC9863A/RAM3GB
AnTuTu:10万
ストレージ 32GB/128GB
ディスプレイ 10.1インチ 1920×1200
カメラ 背面1300万画素
前面800万画素
バッテリー 6000mAh
サイズ 不明/590 g
参考価格 19,999円
【VANKYO S30レビュー】Amazonランキング1位の2万円タブレット

ALLDOCUBE iPlay40H(10インチ)

iPlay40

こちらはALLDOCUBEの10型タブレット「iPlay40H」です。
チップセットにTiger T618が搭載されており、AnTuTuのベンチマークスコアは20万を記録しています。
これまで紹介した3機種よりもチップセットが上で、しかもメモリも8GB搭載されています。より高性能なモデルを探している方はこちらの方がおすすめです。価格は3万円ぐらいです。
発売 ALLDOCUBE/2020年11月
OS Android 10.0
動作性能 UNISOC Tiger T618/RAM8GB
AnTuTu:20万
ストレージ 内部128GB/外部2TB
ディスプレイ 10.4インチ 2000×1200
カメラ 背面800万画素
前面500万画素
バッテリー 6000mAh
サイズ 約248.1 x 157.8 x 8.2 mm/475 g
参考価格 30,000円前後

Dragon Touch NotePad K10(10インチ)

NotePad K10

こちらはDragon Touchの8インチタブレット「Notepad Y80」です。
チップセットにMediaTek MTK8163が搭載されており、AnTuTuのベンチマークスコアは5万を記録しています。
1万円前後で買える超格安タブレットです。
発売 Dragon Touch/2021年
OS Android 9
動作性能 MediaTek MTK8163/RAM3GB
AnTuTu:5万
ストレージ 内部32GB/外部128GB
ディスプレイ 10.1インチ 1280×800
カメラ 背面800万画素
前面200万画素
バッテリー 5000mAh
サイズ 240(W)×170(H)×9.0(D) mm / 520 g
参考価格 10,000円前後

TECLAST M40(10インチ)

TECLAST M40

こちらはTECLASTの10型タブレット「TECLAST M40」です。
チップセットにUNISOC T618が搭載されており、AnTuTuのベンチマークスコアは20万前後を記録しています。
日本のネットモールで25,000円ほどで購入できますが、Banggoodのセール時には2万円以下で売られていることも。
発売 TECLAST/2020年8月
OS Android 10.0
動作性能 UNISOC T618/RAM6GB
AnTuTu:20万
ストレージ 内部128GB/外部対応
ディスプレイ 10.1インチ 1920×1200
カメラ 背面800万画素
前面800万画素
バッテリー 6000mAh
サイズ 約243 x 163 x 9.3 mm/531 g
参考価格 25,000円前後

Blackview Tab8(10インチ)

Blackview Tab8

こちらはBlackviewの10型タブレット「Blackview Tab8」です。
こちらもチップセットにSC9863Aが搭載されており、AnTuTuのベンチマークスコアは10万前後を記録しています。
Blackviewといえばタフネススマホの印象が強いですが、こちらのような格安タブレットも取り扱っています。価格は専用ケース付きで18,000円ほど。
発売 Blackview/2020年6月
OS Android 10.0
動作性能 SC9863A/RAM4GB
AnTuTu:10万
ストレージ 内部64GB/外部128GB
ディスプレイ 10.1インチ 1920×1200
カメラ 背面1300万画素
前面500万画素
バッテリー 6580mAh
サイズ 約243.6 x 162.4 x 8.9 mm/600 g
参考価格 20,000円前後

VANKYO MatrixPad S7(7インチ)

MatrixPad S7

こちらはVANKYOの7インチタブレット「MatrixPad S7」です。
チップセットにSC7731Eが搭載されており、AnTuTuのベンチマークスコアは7万を記録しています。こちらも超格安タブレットです。
発売 VANKYO/2020年3月
OS Android 10.0
動作性能 SC7731E/RAM2GB
AnTuTu:7万
ストレージ 内部32GB/外部128GB
ディスプレイ 7インチ 1024×600
カメラ 背面500万画素
前面200万画素
バッテリー 2900mAh
サイズ 不明/260 g
参考価格 10,000円前後

海外通販店でタブレットを買う方法

海外通販店でタブレットを買う方法

今回紹介した中華タブレットは、海外通販店でも購入することができます。

海外通販店では日本Amazonで買えないモデルも販売されているので、何か変わったタブレットをお探しの方は、一度チェックしてみてください。

おすすめは、日本人にも比較的使いやすいBanggoodです。

>Banggoodで海外タブレットを探す

<スポンサーリンク>

まとめ

というわけで日本Amazonで販売されている中華タブレットを紹介してみました。

怪しいメーカーではなく、海外でも売られている有名なタブレットメーカーばかり取り上げたので、ぜひこの中から選んでみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。