Amazonのお買い物でポイントゲットする裏技

Vastkingタブレットはどこの国のメーカー?評判は良いのか?

先日Amazonのタブレットランキングをチェックしていたら、上位に「Vastking」というメーカーのタブレットがランクインしていました。

全く聞いたことのないメーカーですが、10インチタブレットも販売していたので少し気になっていました。

というわけで今回は「Vastking」がどこの国のメーカーなのか調査してみました!

Vastkingはどこの国のメーカーなの?

Vastkingはどこの国のメーカーなの?

検索してみると公式サイトがヒットしました。公式サイトには以下のような記述がありました。

過去10年間、Vastkingは、Microsoft、Lenovo、Acerなどの有名ブランドの共同メーカーとして成功を収めてきました。

メーカーロゴまで掲載しているので流石に嘘では無さそうです。主に取り扱っている製品はタブレットやノートパソコンなどの家電類となります。

公式サイトやAmazonストア・Twitterなどをチェックしてみましたが、住所が載っていませんでした。

ただしAmazon商品ページの販売者住所が「CN – heyuan」となっておりました。heyuanは中国の広東省にある市の名前です。

電話番号も中国の番号である「86」で始まっているので、Vastkingは中国のメーカーで間違いなさそうですね。

<スポンサーリンク>

Vastkingタブレットの特徴は?

Vastkingタブレットの特徴は?

現在Vastkingが販売しているタブレットは、ランクイン上位にランクインしていた「KingPad K10」をはじめ、格安タブレットがメインとなっております。

どれもクーポン適用で2万円以下という低価格モデルです。

Vastkingタブレットは買っても大丈夫なの?

中華タブレットと言えば「安物買いの銭失い」「安かろう悪かろう」のイメージがあります。

実際に価格の安い製品の多い中国産家電は、コストを削りまくっている代わりに、パフォーマンスの良くない製品が多いです。

よくある「すぐ壊れた」「届いた製品の仕様が全く違った」などのトラブルは年々減っていますが、「思った以上にパフォーマンスが悪い」と言う意見はいまだに絶えません。

あくまで価格の安い製品はその程度のパフォーマンスだと言うことを頭に入れておきましょう。

<スポンサーリンク>

さいごに

Vastkingタブレットはいわゆる「中華タブレット」です。正直よく分からないメーカーなので、選ぶ理由は価格の安さぐらいですね。

ただしレビュー評価も非常に高いですし、チップセットもそれなりのものが搭載されている(K10はAnTuTu15万ほど)のでおすすめです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。