中華の格安タブレット「Dragon Touch MAX10」を開封してみた

【2020年最新】とにかく安い!おすすめの格安タブレット11選

動画の視聴やネットサーフィン用にタブレットが欲しいけど、そこまで予算が無い…。
1万円や2万円で買えるタブレットってあるの…?

こんな方に向けて「格安タブレット」をご紹介します。

格安タブレットとは1万円~3万円ぐらいで買えるタブレットのことです。価格が安い代わりに色んなスペックが抑えられているので、その点に注意して端末を選んでみてください。

と言うわけで本題スタートです。
タブレットが欲しいけど予算が少ない方は、ぜひ参考にしてください!

価格の安いおすすめタブレット

古いモデルだと1万円前後で買えるものはたくさんありますが、今回はなるべく新し目のモデルを中心にピックアップしました。

【1万円】MediaPad T3 7

MediaPad T3 7

メーカー HUAWEI
発売時期 2017年夏
OS種類 Android
主な仕様 ・MT8127
・7.0インチ
・1024×600ドット
・3100mAh
参考価格 11,800円
こちらはHUAWEIから登場した「MediaPad T3 7」です。
こちらはMediaTek社のMT8127が搭載されており、AnTuTuのベンチマークスコアが2万前半(旧スコア)を記録しております。
旧スコアは少しスコアが低く算出されますが、それを差し引いてもかなり低いスコアです。価格がかなり安いので、その分動作性能もカットされています。

7型のタブレットなので人によっては小さいかもしれませんが、とりあえず格安タブレットと言うことでピックアップしてみました。

【1万円】BNT-802W

BNT-802W

メーカー BLUEDOT
発売時期 2019年冬
OS種類 Android
主な仕様 ・MT8163
・8.0インチ
・1920×1200ドット
・5300mAh
参考価格 12,480円
こちらはBLUEDOTから登場した格安モデル「BNT-802W」です。
こちらは1万円で購入出来る格安タブレットで、ディスプレイサイズは8インチのコンパクトモデルです。

CPUはMT8163が搭載されているので、AnTuTuのベンチマークスコアでは4万5000前後と低スコア。
ベンチマークスコアを見れば分かるように動作性能かなり低いので、何らかの重い動作をする方にはオススメしません。

先ほどのMediaPad T3 7もそうですが、普段使いのみで、たまにネットサーフィン、動画視聴を行う、と言ったライトな使い方の方にはオススメです。

【1万円】Lenovo Tab M7

Lenovo Tab M7

メーカー レノボ
発売時期 2019年冬
OS種類 Android
主な仕様 ・MT8321
・7.0インチ
・1024×600ドット
・3500mAh
参考価格 11,000円
こちらはレノボから登場した7型の格安タブレット「Lenovo Tab M7」です。こちらもまた1万円ちょっとで購入することが出来ます。

CPUはMT8321が搭載されているので、AnTuTuのベンチマークスコアはBNT-802Wと同じぐらいのスコアです。こちらもまた動作性能が低いので、普段使いのみと言う方にオススメ。

【1万円】VANKYO S10

VANKYO S10

メーカー VANKYO
発売時期 2020年春
OS種類 Android
主な仕様 ・1.3GHzクアッドコア
・10.1インチ
・1280×800ドット
・6000mAh
参考価格 8,999円
こちらはVANKYOの格安タブレット「VANKYO S10」です。VANKYO S10は10インチタブレットで1万円なので、今回紹介している10インチタブレットの中では最安値です。
VANKYOがよく分からないと言う方は「Vankyoタブレットはどこの国のメーカー?評判は良いのか?」をチェックしてみてください。

【1万円】Fire HD 8

Fire HD 8

メーカー Amazon
発売時期 2020年春
OS種類 Android
主な仕様 ・2.0GHzクアッドコア
・8.0インチ
・1280×800ドット
・バッテリー最大12時間
参考価格 9,980円(32GB)
11,980円(64GB)
こちらはAmazonの8型タブレット「Fire HD 8」の2020年バージョンです。
性能はこれまでのタブレットと同様にそこまで高くありませんが、1万円前後の格安タブレットです。

【2万円】Fire HD 8 plus

Fire HD 8

メーカー Amazon
発売時期 2020年春
OS種類 Android
主な仕様 ・2.0GHzクアッドコア
・8.0インチ
・1280×800ドット
・バッテリー最大12時間
参考価格 11,980円(32GB)
13,980円(64GB)
こちらは先ほど紹介したAmazonのFire HD 8の上位モデル「Fire HD 8 plus」です。
Fire HD 8と同じ8型タブレットですが、Fire HD 8と違って9Wの急速充電とワイヤレス充電に対応しています。
32GBモデルが11,980円、64GBモデルが13,980円なので、こちらもかなり安いです。

【2万円】MatePad T8

MatePad T8

メーカー HUAWEI
発売時期 2020年春
OS種類 EMUI 10(Android 10ベース)
主な仕様 ・MT8768
・8.0インチ
・1280×800ドット
・5100mAh
参考価格 13,900円
こちらはHUAWEIから2020年に登場した「MatePad T8」です。
エントリーモデルということで1.5万円ほど買える格安モデルです。こちらは米中問題によってグーグルサービスが使えないと言うデメリットがありますが、端末自体はかなりコスパが良いのでおすすめ。もしグーグルサービスを使わなくても良いと言う方がいれば、検討してみてください。

【2万円】Lenovo Tab M8

Lenovo Tab M8

メーカー レノボ
発売時期 2019年冬
OS種類 Android
主な仕様 ・Helio A22
・8.0インチ
・1280×800ドット
・5000mAh
参考価格 20,800円
こちらはレノボから登場した8型タブレット「Lenovo Tab M8」です。

1万円ぐらいで購入出来る7型タブレットLenovo Tab M7の8型バージョンで、動作性能も強化されています。

CPUはHelio A22が搭載されているので、AnTuTuのベンチマークスコアは8万前後を記録しています。

これまで紹介してきたモデルよりは性能が高いので、これまでのモデルよりも動作はヌルヌルです。普段使いはもちろんですが、動画視聴やネットサーフィンも問題なく快適に行えます。

【2万円】LAVIE Tab E TE507/JAW

LAVIE Tab E TE507/JAW

メーカー NEC
発売時期 2018年10月
OS種類 Android
主な仕様 ・MT8161
・7.0インチ
・1280×720ドット
・3500mAh
参考価格 19,800円
そしてこちらはNECの7型タブレット「LAVIE Tab E TE507/JAW」です。

CPUはMT8161が搭載されておりますが、AnTuTuベンチマークスコアでは4万前後を記録しております。
これまで紹介してきたいくつかのタブレットと同様にスコアが低いので快適な動作には期待出来ません。それでももちろん動画の視聴やネットサーフィンなどは問題ないです。

【3万円】MediaPad T5

MediaPad T5

メーカー HUAWEI
発売時期 2017年夏
OS種類 Android
主な仕様 ・Kirin 659
・10.1インチ
・1920×1200ドット
・5100mAh
参考価格 Wi-Fiモデル:
22,800円

LTEモデル:
26,800円

こちらはHUAWEIから登場した「MediaPad T5」です。
こちらはハイシリコン社のKirin659が搭載されており、AnTuTuのベンチマークスコアが8万5000前後を記録しております。
性能自体はミドルクラスと言ったレベルですが、価格がとても安いのでコストパフォーマンスはかなり高め。

MediaPad T5が搭載しているKirin659はスマホで言えば2018年SIMフリースマホでは最も満足度が高かった「P20 lite」が同じものを搭載しています。
これまで紹介してきたタブレットよりも動作性能が高いモデルを探している方にオススメ。

【3万円~】MediaPad M5 lite

MediaPad M5 lite

メーカー HUAWEI
発売時期 2018年冬
OS種類 Android
主な仕様 ・Kirin 659
・10.1インチ
・1920×1200ドット
・7500mAh
参考価格 29,880円(Wi-Fi/3GB/32GB)
37,880円(Wi-Fi/4GB/64GB)
37,800円(LTE)
こちらはHUAWEIから登場した「MediaPad M5 lite」です。
MediaPad T5と同様にKirin659が搭載されており、AnTuTuのベンチマークスコアが8万5000前後を記録しております。
MediaPad T5よりもバッテリーが大容量積まれており、RAMやROM、カメラ性能などが強化されたモデルです。格安タブレットを探しているとはいえ、3万円出せると言うのであれば間違いなくこの端末が一番オススメです!

後日、8インチバージョンも登場しました!8インチ版は2万円ほどで買えるので、こちらもオススメ!

8インチ版:

Androidタブレットランキング

おすすめのAndroidタブレットをランキング形式で紹介した記事があるので、興味のある方はこちらもチェックしてみて下さい!

【2020年最新】Androidタブレットおすすめ機種ランキング

高解像度タブレットのまとめ記事

動画の視聴に向いている高解像度ディスプレイ搭載タブレットをまとめた記事です。

動画の視聴におすすめ!高解像度タブレット5選【2019年最新】

コスパの優れたタブレットまとめ記事

動作性能の割に価格が安い「コスパの良い」タブレットをまとめた記事です。

【2019年最新】コスパの良いおすすめAndroidタブレット6選

重量の軽いタブレットのまとめ記事

とにかく重量の軽いタブレットをまとめた記事です。

【2020年最新】とにかく重量が軽い!おすすめ軽量型タブレット8選

大画面タブレットのまとめ記事

ディスプレイサイズの大きいタブレットをまとめた記事です。

12インチ超えの大画面タブレット7選【20インチ超大型も!?】

ハイスペックタブレットのまとめ記事

性能の高いハイスペックタブレットをまとめた記事です。

【2020年最新】高性能!おすすめハイスペックタブレット6選

防水タブレットのまとめ記事

お風呂場で使う人に向けて「防水対応」のタブレットをまとめた記事です。

防水タブレットは中古の方がおすすめな理由【どうせ壊れるなら…】

まとめ

格安のタブレットは動作性能が低い分、出来る事が限られています。もちろん普段使いは問題ないですが、ゲームアプリをプレイする予定の方や、タブレットを使って作業をすると言う方は、もう少しランクの高いモデルを選んだ方が良いと思います。

そして普段使いだからと言って性能が低すぎるのはオススメできません。
今回紹介したタブレットで言えば「MediaPad M5 lite」「MediaPad T5」辺りがベンチマークスコアも高くてオススメです。M5 liteに関しては10型モデルと8型モデルが販売されていますし、そこまで古いタブレットでもないので今購入してもしばらく現役で活躍できるはずです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。