Amazonのお買い物でポイントゲットする裏技

【2022年最新】高性能!おすすめハイスペックタブレット6選

最新のゲームを快適にプレイしたい!サクサク快適動作でインターネットを楽しみたい!

こんな方におすすめのタブレットは「ハイスペックタブレット」です。

今回は高性能なチップセットが搭載されている高性能なタブレットを紹介します。先に言っておくと、ハイスペックタブレットは価格が高いというデメリットがあるので、安いタブレットを探している方は「おすすめタブレット紹介」のカテゴリーから別の記事を探してみてください!

と言うわけで本題スタートです。
価格は高いけど、動作がサクサクなハイスペックタブレットをお探しの方は、ぜひ参考にしてください!

ハイスペックタブレットとは?

ハイスペックタブレットとは?

ハイスペックは一般的に動作性能が高いことを指します。動作性能が高ければ、タブレットの動作すべてが快適でサクサクと動きます。

ハイスペックタブレットが必要な方は、タブレットの動作が遅くなる可能性があるようなことを行う方です。例えば3D系の重いゲームアプリをプレイする方であったり、ブログの更新やプレゼンファイルの作成などなど。

「タブレットの動作が遅い」というストレスを感じたくない方にはハイスペックタブレットがおすすめです。

<スポンサーリンク>

ハイスペックタブレットの選び方は?

ハイスペックタブレットの選び方は?

動作性能の高いハイスペックモデルも端末によって仕様が異なります。高価格なタブレットほど高性能なモデルが多いですし、「高性能」「ハイスペック」「ハイパフォーマンス」などを謳うタブレットはそういったモノが多いです。

判断する基準としてはチップセット(CPU)やメモリ(RAM)と言った動作性能に大きく関わる部分のパーツが重要となります。

例えばスマホのCPUで有名なクアルコム社のSnapdragonシリーズはチップセットが数字でランク分けされています。

  • 4xxシリーズが低スペック
  • 6xxシリーズが中スペック
  • 8xxシリーズが高スペック

もちろん4xxシリーズは価格が安く、8xxシリーズは価格が高くなっております。

この「チップセット(CPU)」がハイパフォーマンスなものほどハイスペックとなり、「RAM」も同時動作に影響を与えると言われており数値が高いほどハイスペックとなります。

ちなみにベンチマークスコアと呼ばれる動作性能をスコア化してくれるツールがあるので、そちらを参考にすれば分かりやすいです。

そしてハイスペックと言う条件以外にも、OSの種類やディスプレイサイズ・バッテリー容量などもふまえて自身の使い用途に合わせたモデルを選ぶようにしましょう。

おすすめのハイスペックタブレット

なるべく新し目のモデルを中心に売れ筋ランキングや満足度ランキングの上位モデルをピックアップしてみました!

iPad Pro 11型/12.9型

iPad Pro

まず国内で圧倒的に人気の高いアップル製品から「iPad Pro」をオススメします。
「iPad Pro」はiPadシリーズの中でもハイパフォーマンスが売りの上位シリーズです。チップセットにM1を搭載しており、AnTuTuのベンチマークスコアは100万超えと言うハイスコアを記録しています。

国内のモデルと比べると性能が段違いに良くて、動作性能・デザイン性の高さ・人気の高さを考えるとハイスペックモデルの中ではナンバーワンと考えて良いでしょう。
もちろんその分価格がとても高いので、安いモデルやコスパの良いモデルを探している方には微妙です。
イオシスやムスビーにて前作モデルの白ロム(中古)が6~8万円ほどで販売されているので、場合によってはそちらもあり。

発売 APPLE/2021年5月
動作性能 M1
AnTuTu:100万
ストレージ 128GB/256GB
ディスプレイ 12.9インチ 2732 x 2048
11.0インチ 2388 x 1668
カメラ 背面1200万画素
前面1200万画素
サイズ 178.5 x 5.9 x 247.6 mm/466 g
214.9 x 6.4 x 280.6 mm/682 g

iPad

iPad

こちらはアップルタブレットのスタンダードモデル「iPad」です。
チップセットにA13が搭載されているので、AnTuTu8のベンチマークスコアでは50万前後と控えめなスコアです。
iPad Proが異常なハイスコアを記録しているので微妙に感じてしまいますが、50万スコアも十分ハイスコアです。
iPad Proほどの性能が必要ないという方は、スタンダードなiPadシリーズの方がおすすめ。新型モデルは8~10万円ほどですが、前作の中古なら4,5万円で入手可能。
発売 APPLE/2021年秋
動作性能 A13/RAM不明
AnTuTu:50万
ストレージ 64GB/256GB
ディスプレイ 10.2インチ 2160×1620
カメラ 背面800万画素
前面1200万画素
サイズ 174.1 x 7.5 x 250.6 mm/498 g

MediaPad M5 Pro

MediaPad M5 Pro

そしてこちらはHUAWEI製タブレットの「MediaPad M5 Pro」です。
アップルのiOSとは異なり、こちらはAndroid OSを搭載したAndroidタブレットとなります。
ハイシリコン社のKirin960が搭載されており、AnTuTu7のベンチマークスコアは18万前後を記録しております。
ちなみにスタンダードモデルとして登場しているLTE対応モデル「MediaPad M5」もKirin960を搭載しているので同等のスコアです。

こちらの端末の特徴は動作性能の高さに加えて高解像度ディスプレイの搭載、そして4096段階の筆圧の感知に対応するデジタルペン「HUAWEI M-Pen」が付属されているところです。
Androidタブレットでハイスペックモデルを探していると言う方に是非おすすめしたい端末です。

発売 HUAWEI/2018年5月
動作性能 Kirin960/RAM4GB
AnTuTu7:18万
ストレージ 64GB
ディスプレイ 10.8インチ 2560×1600
カメラ 背面1300万画素
前面800万画素
バッテリー 7500mAh
サイズ 258.7 × 171.8 × 7.3 mm/500 g
参考価格 Wi-Fiモデルのみ:
54,800円

Surface Pro 6

Surface Pro 6

そしてこちらはマイクロソフトの2in1タブレット「Surface Pro 6」です。
こちらはWindows 10 Homeを搭載しているノートパソコンで、取り外してタブレットとして使用することも出来ます。
CPUはパソコンでお馴染みのインテルCore i5とi7が搭載されており、モバイル端末ではなくパソコンなのでAntutuのスコアは不明。しかしi5やi7はパソコンで言えばかなり上位のモデルが搭載しているので動作性能はかなり高いと思って良いでしょう。

こちらは2in1タブレットなのでパソコンでやるような重作業を出先でも行いたいし、取り外してタブレットとしても使いたい!なんて場合にオススメ。
Windows OSなのでiOSユーザーやAndroidユーザーは少し違和感があるかもしれませんが、普段からパソコンを使っている方にはむしろ馴染みがあります。

発売 マイクロソフト/2018年秋
動作性能 Core i5ori7/RAM8or16GB
ストレージ 128GB/256GB/512GB/1TB
ディスプレイ 12.3インチ 2736×1824
カメラ 背面800万画素
前面500万画素
バッテリー 不明
サイズ 292 x 201 x 8.5 mm/770or784 g
参考価格 Core i5搭載モデル:
119,800円(128GB)
139,800円(256GB)

Core i7搭載モデル:
180,800円(256GB)
224,800円(512GB)
268,800円(1TB)

MatePad Pro

MatePad Pro

そしてこちらはHUAWEI製タブレットの「MatePad Pro」です。
こちらはチップセットにKirin990が搭載されたハイスペックタブレットで、AnTuTu8のベンチマークスコアは42万超えを記録しています。
MatePadシリーズは米中問題によってグーグルサービスが使えないという大きなデメリットがあります。もしグーグルサービスが使えたら最高のハイスペックタブレットなのですが、、残念です。
グーグルサービスを使わなくてもイイと言う方にはかなりおすすめ!
発売 HUAWEI/2020年5月
動作性能 Kirin 990/RAM6GB
AnTuTu8:42万
ストレージ 128GB
ディスプレイ 10.8インチ 2560×1600
カメラ 背面1300万画素
前面800万画素
バッテリー 7250mAh
サイズ 246 × 159 × 7.2 mm/460 g
参考価格 Wi-Fiモデルのみ:
59,800円

Xiaomi Pad 5

Xiaomi Pad 5

こちらはXiaomi製タブレットの「Xiaomi Pad 5」です。
チップセットにSnapdragon 860が搭載されており、AnTuTuのベンチマークスコアは55万前後を記録しております。
かなり新し目のAndroidタブレットです。めちゃくちゃバッテリー容量が多いので、出先での使用にも向いています。価格は5万円ほどでやや高めですが、個人的にはかなりおすすめのハイスペックモデル。
発売 Xiaomi/2021年10月
動作性能 Snapdragon 860/RAM6GB
AnTuTu:55万
ストレージ 128GB
ディスプレイ 11インチ 2560×1600
カメラ 背面1300万画素
前面800万画素
バッテリー 8720mAh
サイズ 254.69 x 6.85 x 166.25 mm/511 g

<スポンサーリンク>

Androidタブレットランキング

おすすめのAndroidタブレットをランキング形式で紹介した記事があるので、興味のある方はこちらもチェックしてみて下さい!

【2022年最新】Androidタブレットおすすめ機種ランキング

高解像度タブレットのまとめ記事

動画の視聴に向いている高解像度ディスプレイ搭載タブレットをまとめた記事です。

【2022年最新】動画の視聴におすすめな高解像度タブレット7選

<スポンサーリンク>

コスパの優れたタブレットまとめ記事

動作性能の割に価格が安い「コスパの良い」タブレットをまとめた記事です。

【2019年最新】コスパの良いおすすめAndroidタブレット6選

重量の軽いタブレットのまとめ記事

とにかく重量の軽いタブレットをまとめた記事です。

【2022年最新】とにかく重量が軽い!おすすめ軽量型タブレット8選

大画面タブレットのまとめ記事

ディスプレイサイズの大きいタブレットをまとめた記事です。

12インチ超えの大画面タブレット7選【20インチ超大型も!?】

価格の安いタブレットのまとめ記事

とにかく価格の安いタブレットをまとめた記事です。

【2022年最新】とにかく安い!おすすめの格安タブレット11選

防水タブレットのまとめ記事

お風呂場で使う人に向けて「防水対応」のタブレットをまとめた記事です。

防水タブレットは中古の方がおすすめな理由【どうせ壊れるなら…】

まとめ

自身に合ったハイスペックモデルはありましたか?

今回取り上げたのはiOS、Android、Windowsと分かれているので、まず自分の使いたいOSを搭載したモデルを選びましょう。

また新し目のモデルばかりピックアップしましたが、過去のモデルでも未だに現役でハイスペックのものもあります。

搭載されているCPUやそのベンチマークスコアを調べればどの程度のランクか分かるので、もし今回紹介したタブレットで気に入ったものが無ければ根気良く探してみて下さいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。