【2019年最新】とにかく重量が軽い!おすすめ軽量型タブレット6選

タブレットを選ぶ際のポイントはいくつかありますが、「重量の軽さ」も人によっては重要なポイントです。
今回は軽量型のタブレットをいくつかピックアップしてみたので、軽いタブレットをお探しの方は是非ごらんください^^

画面サイズの違いに注意!

スマホでもそうですが、基本的にディスプレイサイズが小さいモデルほど重量は軽いです。例えば10型タブレットの軽量モデルは、7型タブレットの重量モデルよりは軽くなりません。

なので今回は画面サイズ別に軽いタブレットを取り上げてみました。自身の使い用途に合わせたサイズのタブレットを選びましょう!

7インチの軽量型おすすめタブレット

MediaPad T3 7

メーカー HUAWEI
発売時期 2017年夏
OS種類 Android
主な仕様 ・MT8127
・7.0インチ
・1024×600ドット
・250g
参考価格 Wi-Fiモデル:
11,800円
こちらはHUAWEIから登場した「MediaPad T3 7」です。
こちらはMediaTek社のMT8127が搭載されており、AnTuTuのベンチマークスコアが2万前半(旧スコア)を記録しております。
旧スコアは少しスコアが低く算出されますが、それを差し引いてもかなり低いスコアです。価格がかなり安いので、その分動作性能もカットされています。

重量が250グラムなので7型タブレットの中でもトップクラスの軽さを誇ります。ベンチマークスコアが低いので、そこまでガッツリとは使わない方にオススメ。

LAVIE Tab E TE507/JAW

メーカー NEC
発売時期 2018年10月
OS種類 Android
主な仕様 ・MT8161
・7.0インチ
・1280×720ドット
・260g
参考価格 19,800円
そしてこちらはNECの7型タブレット「LAVIE Tab E TE507/JAW」です。
MediaPad T3 7よりは重いですが、他のタブレットと比べるとかなり軽量型のタブレットです。

CPUはMT8161が搭載されておりますが、AnTuTuベンチマークスコアでは4万前後とかなりの低スコア。
こちらは旧スコアではないので、恐らくMediaPad T3 7と同等ぐらいなのかなと思います。ネットサーフィンや動画の視聴ぐらいなら大丈夫だと思いますが、快適かどうかで言えば微妙なライン。

8インチの軽量型おすすめタブレット

iPad mini 4

メーカー APPLE
発売時期 2015年夏
OS種類 iOS
主な仕様 ・A8
・7.9インチ
・2048×1536ドット
・299g
参考価格 Wi-Fiモデル:
42,800円(16GB)
53,800円(64GB)
64,800円(128GB)

Wi-Fi+Cellularモデル:
56,800円(16GB)
67,800円(64GB)
78,800円(128GB)

お次はお馴染みアップル製タブレット「iPad mini 4」を紹介しておきます。
こちらは2015年代のモデルですが、名称にもある通りコンパクトかつ軽量モデルとなっております。

少し古い端末なので、AnTuTuベンチマークスコアは旧スコアで8万5000前後を記録しています。
最新のiPadなどと比べると性能は著しく劣りますが、それでもこれまで紹介した2端末よりはスコアがかなり上です。

ディスプレイサイズは約8インチの8型タブレットとなっております。iOSのタブレットの方が良いと言う方にはオススメ!

Media Pad M3 lite

メーカー HUAWEI
発売時期 2017年夏
OS種類 Android
主な仕様 ・Snapdragon 435
・8.0インチ
・1920×1200ドット
・310g
参考価格 Wi-Fiモデル:
26,978円

LTEモデル:
32,184円

こちらはHUAWEIの8型タブレット「MediaPad M3 lite 8」です。
2017年夏に登場したM3のライトモデルですが、重量が310グラムなので他のシリーズよりもやや軽めです。

CPUはスナドラ435搭載なので、AnTuTuベンチマークスコアは旧スコアで5万5000前後を記録しています。
ちなみにM3 liteよりも重量が重いもののスペックアップした「MediaPad M3」や8.4型の「MediaPad M5」の方が人気です。

10インチの軽量型おすすめタブレット

Lenovo Tab P10

メーカー レノボ
発売時期 2018年夏
OS種類 Android
主な仕様 ・Snapdragon 450
・10.1インチ
・1920×1200ドット
・440g
参考価格 Wi-Fiモデル:
34,800円

LTEモデル:
37,800円

こちらはレノボの10型タブレット「Lenovo Tab P10」です。
2018年夏に登場した新し目のモデルで、10型タブレットの中では軽めの440グラムとなっております。

CPUはスナドラ450搭載なので、AnTuTuベンチマークスコアは旧スコアで7万前後を記録しています。
10型タブレットの中ではそこまで価格も高くないですし、ミドルスペックとしてこれから人気が出るのではないかと思います。

arrows Tab F-02K

メーカー 富士通
発売時期 2018年冬
OS種類 Android
主な仕様 ・SDM660
・10.1インチ
・2560×1600ドット
・441g
参考価格 ドコモモデル:
82,944円
そして最後に紹介するのは富士通のキャリアモデル「arrows Tab F-02K」です。
こちらは441グラムなのでLenovo Tab P10と同等の軽量型タブレットとなっております。

CPUはSDM660搭載とのことなので、AnTuTuベンチマークスコアは13万5000前後を記録しています。
今回取り上げたモデルの中ではかなりハイスペックです。もしキャリアでの契約を検討している方がいればオススメです。

まとめ

軽量型タブレットの比較、いかがでしたか?

タブレットを選ぶ比較ポイントとして「重量」はそこまで重視されるものでもありません。「動作性能」や「ディスプレイ」や「バッテリー容量」などと比べるとそこまで気にならないポイントかもしれませんが、それでも一部のユーザーは「軽さ」をメリットと感じています。

もちろんその他の要素もしっかりと検討した上で、マイベストタブレットを見つけてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。