Amazonのお買い物でポイントゲットする裏技

【Blackview Tab13 レビュー】まるでPCのように作業ができる25,000円の良コスパタブレットを開封!

Blackviewの10型タブレット「Blackview Tab13」を購入したので開封レビューしていきます!

Blackview Tab13は、先日レビューしたBlackview Tab11の兄弟機にあたります。スペック自体はかなり似ていますが、決定的な違いがいくつかあるのでその辺りも紹介していきますね(*´▽`*)

【Blackview Tab11 レビュー】2万円台のコスパ最強タブレットを開封!

どちらもAmazonの売れ筋タブレットとなっております。2.5万円ほどで入手できるので、そこらの格安中華タブレットを選ぶぐらいなら、今回のBlackview Tab13やTab11を選んでおいた方が無難です!

  • 価格の安いAndroidタブレットを探している
  • 動画視聴など普段使い用のタブレットを探している
  • タブレットで作業をしたい

このような方はぜひBlackviewのタブレットを検討してみてください♪

というわけで「Blackview Tab13の開封レビュー」スタートです(^^)/

Blackview Tab13のスペックと価格

Blackview Tab13のスペックと価格

レビューの前にまずはBlackview Tab13のスペックと価格をチェックしておきましょう(*´▽`*)

名称 Blackview Tab13
メーカー Blackview(ブラックビュー)
発売日 2022年8月
OS Android 12ベース
CPU MediaTek Helio G85
RAM 6GB
内部ストレージ 128GB
外部ストレージ 1TB
画面サイズ 10.1インチ 液晶
画面解像度 1920×1200
背面カメラ 1300万+30万画素
前面カメラ 800万画素
バッテリー 7280mAh
Wi-Fi a/b/g/n/ac
カラー グレー、ブルー
対応バンド(4G) 1 / 3 / 7 / 8 / 20 / 40

Blackview Tab13は日本Amazonにて3万円ほどで販売されておりますが、セールやクーポンの関係で25,000円前後で買えることが多いです。

現在5,000円割引に加えて、グレーカラーは「BVTAB13D500」入力でさらに500円割引が適用されます。(10月7日まで)

<スポンサーリンク>

Blackview Tab13の開封レビュー

というわけで届いたBlackview Tab13を開封レビューしていきます!

箱をオープンすると早速本体登場です。

こんな感じで初めからフリップケースが装着してありました(*´▽`*)

価格の安いタブレットはケースやフィルムが付属していないことが多いですが、今回のBlackview Tab13はどちらも付属しているのでオトクです!

本体細部をチェック

Blackview Tab13の本体をチェックしていきます。
カラー名称は「グレー」ですが、かなりブラック寄りの色でした!

正面から見て右側面には「SIMトレイ」「USBポート(Type-C)」「スピーカー」が搭載されております。

左側面にも「スピーカー」が搭載されており、ステレオサウンドに対応しております。

上面には「電源ボタン」「ボリュームボタン上下」が配置されております。

ちなみにSIMトレイを開くとこんな感じ。

付属品をチェック

こちらは日本のコンセントにも対応した充電器です。

こちらは充電・転送用のType-Cケーブルです。

こちらは書類。取り扱い説明書とクイックスタートガイドです。

こちらはSIMピンです。

強化ガラスフィルム系の液晶保護フィルムも付属していました。

純正のフリップケースです。

収納機能はありませんが、スタンド機能には対応しております。

ディスプレイをチェック

Blackview Tab13のディスプレイ仕様は「10.1インチの1920×1200(FHD+)」となっております。
またパネル種類は有機ELディスプレイではなく「液晶ディスプレイ」が採用されております。

重量をチェック

Blackview Tab13の重量実測値は「440.8グラム」でした。

ちなみに純正ケース装着時の重量は「623.2グラム」でした。

初期ストレージをチェック

Blackview Tab13の内部ストレージは「128GB」ですが、システムや初期アプリなどに17GBほど使用されております。実際に使えるストレージは「111GB」です。

AnTuTuベンチマークをチェック

Blackview Tab13はチップセットに「Helio G85」が採用されており、AnTuTuベンチマークスコアは「256440」を記録しております。

中華の格安タブレットだと大体8万~15万ぐらいのライトモデルが多いのですが、25万スコアあれば重いゲームアプリ以外はかなり快適に動くでしょう。

Blackview Tab13のデメリット2つ

Blackview Tab13は25,000円で買えるタブレットとしてはかなりコスパが良いです。AnTuTuのベンチマークスコアが25万あるので、普段使いや動画視聴程度であれば快適に動きます。

ただし使ってみた感じたデメリットが2つあるので、まずはそちらを紹介しておきます。

  • イヤホンジャック非搭載
  • ドコモプラチナB19非対応

イヤホンジャック非搭載

一番のデメリットは「イヤホンジャック非搭載」ですね。

最近はワイヤレスイヤホンが流行っているので「イヤホンジャックを一切使わない」という方もいます。ただし有線イヤホンを使っている人はまだまだたくさんいますし、イヤホンジャック自体は搭載されていた方が良いです。

ドコモプラチナB19非対応

そして2つ目のデメリットが「ドコモのプラチナバンドB19に非対応」です。

4G:B1 / 3 / 7 / 8 / 20 / 40

Blackview Tab13の対応バンドは上記の通り。1/3/8に対応しているのでソフトバンク回線なら使えますが、B19に非対応なのでドコモのプラチナバンドを使うことができません。

タブレットだからWi-Fiで利用する人が多いと思いますが、ドコモ回線のSIMカードを使おうとしている方にはデメリットになります。

<スポンサーリンク>

出先での作業におすすめな「PCモード」

またBlackview Tab13は「PCモード」と呼ばれるモードに対応しております。

こちらのモードを利用することでPCのようなインターフェースに変更できます。ワイヤレスでマウスとキーボードを繋げれば、パソコンのように出先でも作業できるのでおすすめです。

▲設定内にある「PCモード」からモード変更します。

▲こんな感じでPCのようなインターフェースへ変更されます。ワイヤレスマウスとキーボードがあればノートパソコンのように作業ができるのでおすすめです。

通常モードに戻すにはデスクトップ左下の「アプリの一覧」から「設定」を開き、PCモードを終了します。

タブレットをマウスとキーボードで操作する方法【Bluetooth接続】

ちなみにこちらの記事ではタブレットでマウスやキーボードを使う方法を紹介しています。合わせてチェックしてみてください。

まとめ

というわけで「Blackview Tab13」を開封レビューしてみました!

Blackview Tab13はPCモード対応の良コスパタブレットです。気になる方はぜひチェックしてみてください♪

現在5,000円割引に加えて、グレーカラーは「BVTAB13D500」入力でさらに500円割引が適用されます。(10月7日まで)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です