タブレットでアニメやドラマが見放題!

AEEZOタブレットはどこの国のメーカー?評判は良いのか?

Amazonでデジタルフレームを販売している「AEEZO」というメーカーをご存じでしょうか?

全く聞いたことのないメーカーですが、10インチタブレットも販売していたので少し気になっていました。

というわけで今回は「AEEZO」がどこの国のメーカーなのか調査してみました!

AEEZOはどこの国のメーカーなの?

AEEZOのAmazon出品者情報では、販売業者は「Yitech Electronic Technology」という名前になっていました。

Yitechのウィキペディアをチェックしてみると、Yitechは中国の上海に本社を置く家電メーカーとのことです。

Yitechはカメラ製品をメインに製造しているメーカーですが、AEEZOブランドとしてデジタルフォトフレームやタブレットを販売しているのかもしれませんね。詳しい情報が書かれていなかったので詳細は分かりませんでした。

AEEZOタブレットの特徴は?

AEEZOタブレットの特徴は?

現在AEEZOが販売しているタブレットは1機種のみ。(キッズタブレットは別)

こちらのタブレットは、12,000円ほどで買える10インチモデルです。

AEEZOタブレットは買っても大丈夫なの?

中華タブレットと言えば「安物買いの銭失い」「安かろう悪かろう」のイメージがあります。

実際に価格の安い製品の多い中国産家電は、コストを削りまくっている代わりに、パフォーマンスの良くない製品が多いです。

よくある「すぐ壊れた」「届いた製品の仕様が全く違った」などのトラブルは年々減っていますが、「思った以上にパフォーマンスが悪い」と言う意見はいまだに絶えません。

あくまで価格の安い製品はその程度のパフォーマンスだと言うことを頭に入れておきましょう。

AEEZOタブレットはチップセットがCortex-A53とのことで、AnTuTuベンチマークスコアは10万前後となっております。低スペックタブレットなので、あくまで普段使いができるレベルです。

AEEZOタブレットは外部ストレージ非搭載

AEEZOタブレットの評判をチェックしようと思って実際に購入した人のツイートを見に行ったのですが、購入者がほとんどいませんでした。その中で唯一あったツイートで気になる事を言っていたので引用させていただきます。

なんとSDカードが使えないとのこと。カタログスペックではしっかりと最大128GBまで対応と書かれています。。

もし今回のAEEZOタブレットを買う予定の人で、SDカードを使おうと思っている人は注意してください。

さいごに

AEEZOタブレットはいわゆる「中華タブレット」です。正直よく分からないメーカーなので、選ぶ理由は価格の安さぐらいですね。

もし格安のタブレットをお探しなのであれば、同じ中華タブレットのVANKYOの方がおすすめです。VANKYOはAmazonのタブレットランキング上位にもランクインしたことがありますし、実際に筆者のイッテツが動画用に使っていて問題なく動いています。

【VANKYO S30レビュー】Amazonランキング1位の2万円タブレット

こちらはVANKYO S30のレビュー記事。定価は2万円近くしますが、キャンペーンやセールが絡めばもうちょっと安くなります。気になる方はチェックしてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。