Amazonのお買い物でポイントゲットする裏技

VIVIMAGEタブレットはどこの国のメーカー?まさかのVANKYOブランド!?

またまた目についたAmazonランキングの新しい謎タブレット。今回は「VIVIMAGE」というメーカーを見つけました。

VIVIMAGEは、これまで調べてきた謎タブレットのメーカーと同じように、公式サイトなどの情報が無く、正直怪しすぎるメーカーです。

今回はそんなVIVIMAGEがどこの国のメーカーなのか調べてみました!

VIVIMAGEはどこの国のメーカーなの?

VIVIMAGEの公式サイトは見つかりませんでしたが、楽天市場の販売ショップ名を見てみるとなぜかVANKYO楽天市場店になっていました。

またAmazonの販売元も同じショップだったので、おそらくVIVIMAGEはVANKYOが取り扱うブランドの一つなのではないかと思います。

VANKYOは中国の深セン市に本社を置く家電メーカーなので、もしVIVIMAGEがVANKYOブランドなのであれば、VIVIMAGEも中国製タブレットということになりますね。

<スポンサーリンク>

VIVIMAGEタブレットの特徴は?

そんなVIVIMAGEが取り扱うタブレットは、現在Amazonや楽天市場で販売されている「VIVIMAGE E10」のみ。

そもそもVIVIMAGEはプロジェクターを多数販売しているブランドなので、今回のVIVIMAGE E10が販売された理由がいまいち分かりません。VANKYOタブレットがいくつか販売されているので、VANKYOから出しても良かったと思うのですが…。

VANKYOの人気タブレット「S30」と今回の「VIVIMAGE E10」を比較すると下記の通り。

名前 VANKYO S30 VIVIMAGE E10
動作性能 SC9863A
3GBRAM
AnTuTu10万
MT8168
3GBRAM
AnTuTu10万
ストレージ 内部32GB
外部128GB
内部32GB
外部128GB
ディスプレイ 10.1インチ
1920×1200
10.1インチ
1920×1200
カメラ 背面1300万画素
前面800万画素
背面800万画素
前面500万画素
バッテリー 6000mAh 6000mAh

カメラ以外ほとんど同じ仕様ですね。VANKYO S30は何気に人気が高い格安タブレットなので、どちらかといえばVANKYO S30を選んでおいた方が無難かと思います。

【VANKYO S30レビュー】Amazonランキング1位の2万円タブレット

とはいえタブレットでカメラはあまり使わないので、安さを優先してVIVIMAGE E10を選ぶのもアリ。

VIVIMAGEタブレットは買っても大丈夫なの?

中華タブレットと言えば「安物買いの銭失い」「安かろう悪かろう」のイメージがあります。

実際に価格の安い製品の多い中国産家電は、コストを削りまくっている代わりに、パフォーマンスの良くない製品が多いです。

よくある「すぐ壊れた」「届いた製品の仕様が全く違った」などのトラブルは年々減っていますが、「思った以上にパフォーマンスが悪い」と言う意見はいまだに絶えません。

あくまで価格の安い製品はその程度のパフォーマンスだと言うことを頭に入れておきましょう。

<スポンサーリンク>

さいごに

今回のVIVIMAGEタブレットは、VANKYOブランドである可能性が高いです。ちなみにお問い合わせしてみましたが、いまだ返信は来ていません(´;ω;`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。