タブレットの液晶保護フィルムは必要?それともいらない?

タブレットPCのディスプレイに貼る「液晶保護フィルム」は必要なのか、それともいらないのか。
そういった議論が至るところで交わされています。

ちなみに筆者個人としては必須だと思っており、理由として「過去に5万円程のノートパソコンの液晶が割れてしまい、修理を頼んだら修理代が4万円だった」と言う苦い思い出もあるからです…。

本記事ではそんなタブレットの液晶保護フィルムの必要性について、情報をまとめてみました。そしてフィルムは必要なのかいらないのかをハッキリさせようと思います!
タブレット用に液晶保護フィルムを買うか迷っている方は是非参考にしてみて下さい!

タブレットの液晶保護フィルムが必要な理由は?

タブレットの液晶保護フィルムは文字通り、
タブレットのディスプレイ保護が目的の商品です。

冒頭でもお話した通り、ノートパソコン・スマホ・タブレットなど埋め込み型の液晶の修理は物凄く費用が高いです。

つまりタブレットのディスプレイは壊れてしまうとお金がかかってしまうので、壊れないように液晶保護フィルムでディスプレイを保護する必要があると言うわけです。

タブレットの液晶保護フィルムがいらない場合って?

逆に液晶保護フィルムがいらないのではないかと言う意見も見かけます。

いらない派の言い分は3つあります。

  1. ディスプレイが壊れないからいらない
  2. 壊れたら買い替えるからいらない
  3. 画面が見にくくなるからいらない

「1.ディスプレイが壊れないからいらない」と言う意見は非常に多いです。
そもそもスマホと違って持ち運びが少なく、出し入れの少ないタブレットでは、ディスプレイが壊れる可能性が低いのではないかと言うものです。

「2.壊れたら買い替えるからいらない」と言う意見もあります。
タブレットを動画視聴用として固定する場合なんかは、そもそも落下の心配などがほとんどありません。「すぐには壊れないだろうし、最悪壊れてしまったらタブレット自体を買い替えてしまえばいいや」と言う考えです。

「3.画面が見にくくなるからいらない」と言う意見も意外と多いです。
タブレットを動画視聴用として使う場合は、何よりもディスプレイを綺麗な状態にしておきたいですよね。液晶保護フィルムを貼ってしまうと、製品によっては画面が見にくくなってしまいます。

画面が綺麗に映る液晶保護フィルム

そんな液晶保護フィルムですが、画面が見にくくならないタイプの製品も存在します。もし、画面が見にくくなるのがイヤで液晶保護フィルムを敬遠している方がいれば、今回紹介するタイプのフィルムを選んでください。

光沢(グレア)フィルム

よく耳にする「グレア」と「光沢」は同じ液晶保護フィルムのことです。
光沢フィルムは画面を綺麗に映してくれるので、他のフィルムよりもディスプレイの見やすさがメリットになります。
デメリットとして指紋が付きやすく、反射による光の写り込みがあるので、出先でタブレットを使用する場合は相性が悪いです。

強化ガラスフィルム

最近話題となっている強化ガラスフィルムも、タブレットの液晶が見にくくなることはありません。
素材がガラスなので、綺麗に拭けば透過率が高くなります。こちらもまた動画視聴用のタブレットと相性が良いです。

参考:タブレットの強化ガラスとは?普通の液晶保護フィルムと何が違うの?

まとめ

  1. フィルムを付ければ壊れにくくなる
  2. フィルムによっては画面が見にくくなる
  3. 光沢フィルムか強化ガラスは画面が見にくくならない
  4. タブレットを固定して使う場合フィルムは無くてもよい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。