タブレットは何インチを選ぶべき?8インチと10インチの違いは?

「タブレットは8インチと10インチどっちを選ぶべき?」「8インチと10インチの違いは何?」「それ以外のサイズもあるの?」
タブレットを選ぶ際に重視されるのが「画面サイズ」です。今回はタブレットの画面サイズの違いについてまとめてみました。

タブレットの画面サイズは4種類

タブレットに搭載されているディスプレイサイズは、4種類に分かれます。

・7インチ
・8インチ
・10インチ
・12インチ~

です。全てのタブレットがぴったりこのサイズと言うわけではなく、例えば9.6インチのタブレットも10.5インチのタブレットも同じ「10型タブレット」と言うことになります。
流石に6インチ前後となってくると「大型スマホ」や「ファブレット」のサイズなので、あくまでタブレットの最小サイズは7インチ前後と考えて良いでしょう。逆に13インチを超えるモデルでは、2in1のノートパソコンタイプが増えてくるので、こちらもまたタブレットと言うよりはノートパソコン寄りになってしまいます。

それぞれのサイズに適した使い方

筆者はスマートフォン、ファブレット(Nexus 6が6インチだった)、8型タブレット、10型タブレット、12.3インチタブレット(Surface Pro)と様々なサイズのデバイスを使用したことがあります。そんな私が実際に使って感じたそれぞれのメリット・デメリットや適した用途を紹介します。

7インチタブレット

タブレットの中では最もコンパクトなサイズが7インチ前後の7型タブレットです。小型なので持ち運びや収納がカンタンに出来ると言うメリットがあります。スマートフォンやファブレットとの差別化が難しいですが、シンプルに大型スマホやファブレットより、もう少しだけ大きいサイズが欲しいと言う方にオススメ。例えば「大画面のスマホが欲しいけど、寝ながら使いたいので大きいのはNG」なんて場合に選びましょう。読書に関してはマンガであれば問題ないですが、雑誌はさすがに読みにくいです。

サイズ例:LAVIE Tab E TE507/JAW(7.0インチ/193×99mm)
 icon-circle-o 持ち運び収納
 icon-circle-o ネットサーフィン
 icon-circle-o 動画の視聴
 icon-circle-o 寝ながら操作
 icon-times 読書(雑誌)
 icon-times PC作業
 icon-times 種類

8インチタブレット

8型タブレットは8インチ前後のタブレットのことを指します。7インチタブレットよりサイズアップしているものの、まだまだタブレットとしてはコンパクトな部類に入ります。7インチタブレットほどではありませんが、持ち運びや収納に優れています。また国内の主要なタブレットは8型か10型なので、選べる種類が多いです。7インチと同様に雑誌は読みずらいですが、むしろマンガは読むのに適したサイズだと思います。

サイズ例:BNT-801W(8.0インチ/209×125mm)
 icon-circle-o 持ち運び収納
 icon-circle-o ネットサーフィン
 icon-circle-o 動画の視聴
 icon-circle-o 寝ながら操作
 icon-times 読書(雑誌)
 icon-times PC作業
 icon-circle-o 種類

10インチタブレット

そしてタブレットの王道サイズが10インチです。8型よりもさらに種類が多いので、好みのメーカーも参戦しているかもしれません。7型8型では落下防止リングなどを使えば何とか片手操作が出来るサイズ感でしたが、10型ともなると完全に別物です。大画面なので動画に迫力が出ますし、Bluetoothキーボードケースなんかも使うことが出来るのでPC向け作業を行うことも出来ます。寝ながら操作するにはこのあたりのサイズから厳しいでしょう。

サイズ例:MediaPad T5(10.1インチ/243×164mm)
 icon-times 持ち運び収納
 icon-circle-o ネットサーフィン
 icon-circle-o 動画の視聴
 icon-times 寝ながら操作
 icon-circle-o 読書(雑誌)
 icon-circle-o PC作業
 icon-circle-o 種類

12インチタブレット

タブレットの中で最も大きいサイズが12型のタブレットです。これ以上のサイズは2in1のノートパソコンタイプが多いので、キーボード無しのタブレット単体で販売されているサイズの最大が12インチ前後となっております。とは言っても結局2in1のように使う人が多いです。机に固定してキーボードを使いノートパソコンのように、ベッドに行く時は本体を取り外してタブレットに。特徴はやはり大画面なので動画に迫力が出るところや文字の大きさ。家で重作業に使う方にはオススメ。

サイズ例:Surface Pro(12.3インチ/292×201mm)
 icon-times 持ち運び収納
 icon-circle-o ネットサーフィン
 icon-circle-o 動画の視聴
 icon-times 寝ながら操作
 icon-circle-o 読書(雑誌)
 icon-circle-o PC作業
 icon-times 種類

8インチと10インチタブレットはどちらが良いのか

「8型タブレット」と「10型タブレット」は、取り扱っているメーカーが多いので選べる端末が多いです。もちろん7型や12型でも言えることですが、タブレットを選ぶ時は自分の使い用途を考えて選ぶべきです。


8型タブレットはちょっとした調べ物をしたり、寝転んで動画を見たり、出かける時にカバンに入れておいたり、コンパクトですぐに使える扱いやすさが特徴です。


一方の10型タブレットは画面サイズが大きいので、動画視聴用に固定しておいたり、Bluetoothキーボードを接続して作業したり、そしてたまには小型タブレットのように寝転んで使ってみたり、PC作業も出来る万能さと迫力の大画面が特徴です。

家で使う人

・動画を見たい⇒8インチ、10インチ
・大画面で動画を見たい⇒10インチ
・ネットサーフィンをしたい⇒8インチ、10インチ
・PCのような作業をしたい⇒10インチ
・寝ながら操作したい⇒8インチ
・マンガを読みたい⇒8インチ、10インチ
・雑誌を読みたい⇒10インチ

外で使う人

・移動中に使いたい⇒8インチ、10インチ
・移動中に立ちながら使いたい⇒8インチ
・ビジネスシーンで使いたい⇒10インチ
・出先で作業がしたい⇒10インチ
・カバンが小さくても入る⇒8インチ
・荷物が軽い方が良い⇒8インチ

どちらも1年半使った筆者の感想

結局どんなシーンでも、8インチ10インチどちらも使おうと思えば使えちゃいます。そんな中でも個人的に唯一ネックに感じたのは、10インチタブレットの持ち運びにくさです。8インチタブレットよりも画面サイズが大きい10インチタブレットでは、一度に表示される情報量も多いですし、人に何かをプレゼンするときなんかも見やすいのでビジネスシーンにかなりオススメです。ビジネスシーンであればもちろんカバンがあるので問題なく持ち運ぶことが出来ます。しかし私が住んでいる田舎では車移動がほとんどですし、一人でカフェや買い物に出かける時にカバンを持たないこともあります。そんな時に裸の10インチタブレットを持ち運ぶのは厳しかったです。ていうか単純に邪魔でした。8インチタブレットはジーパンには入りませんが、ジャケットの大きなポケットや内ポケットなら意外と収納できちゃいます。

しかし、何度も触れているように8インチタブレットではブログの更新や仕事関係の作業がやりにくいです。私は「ドコドコに出かけて、その後カフェに寄ってあの仕事だけ済ませよう」なんて予定の場合には、カバンに10インチタブレットとキーボードを入れて出かけます。そうでないときは8インチタブレットを持って出かけています。

出先でタブレットを使う方で、もし「カバンを持って出かけるし、出来れば出先で作業したい!」なんて方がいれば10インチタブレットがオススメですが、そうでない方は持ち運びが不便なので8インチタブレットのほうがオススメです。

タブレットを出先で使うときの注意点

筆者は上記でも記載したように、8インチと10インチを使い分けています。ちなみに使っている端末はHUAWEIタブレットで、8型が「Media Pad M5」です。

「Kirin960」搭載と8.4型WQXGA(2560×1600)ディスプレイ搭載のハイスペックモデル。動作の快適さはもちろんですが、高解像度ディスプレイもオススメのポイントです。

そして10型で使っているタブレットが「MediaPad T5」です。

こちらは2017年代のモデルですが、未だに問題なく快適に使えています。Kirin659が搭載されているのでそこまで性能は高くありませんが、普段使い・動画視聴・作業も問題なく出来ています。正直MediaPad M5 8.4の方が高性能なので、MediaPad T5を作業用に使っている私にとっては、むしろ性能が逆の方がよかったです。同じく10型のMediaPad M5 Proがハイスペックで良い感じだったので買い替えも考えたのですが、Wi-Fiモデルのみとのことで断念。

ちなみにWi-Fiモデルのタブレットだと出先で使用することが出来ません。
出先で使用するには無料のWi-Fiスポットを利用するか、何らかの回線契約をする必要があります。上記2端末はSIMフリーモデルなので格安SIMが使えます。私がよく行くカフェは無料Wi-Fiがあるので、そこまで大容量のデータを使うことがありません。念のためmineoのシングルタイプ(データ通信のみ)だけ付けてあるので、3GBまでは通信することが出来ます。無料Wi-Fiが無かったとしても、動画を見るわけではないので制限がかかることはめったにありません。

逆に無料Wi-Fiを使わずにガンガン動画の視聴や作業にタブレットを使いたいと言う方はそれなりのお金がかかってしまいます。
先ほどのmineoのような格安SIMの大容量プランを契約するか、カシモWiMAXのようなモバイルWi-Fiルーターを契約する必要があります。モバイルWi-Fiルーターは、ルーターを持ち運ばなければいけないのがネックですが、出先でWi-Fiタブレットを使えると言うメリットがあります。

まとめ

結論は、8インチタブレットは持ち運びが便利!10インチタブレットは作業がやりやすい!です。

基本的にどちらのサイズも出来ることは同じです。10インチタブレットを持ち運ぶことも出来ますし、8インチタブレットで作業することも出来ます。例えば動画の視聴なんかにしても10インチタブレットの方が大画面で見やすいですが、タブレットを手に持って仰向けで見たい場合なんかは、10インチタブレットだと大きすぎるので8インチタブレットの方が見やすいです。

そういったように自分がどの様に使うのかを考えてから画面サイズを選びましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。