タブレットで雑誌を読むときに最適なサイズは何インチ?【電子書籍】

タブレットの使い道の一つとして「電子書籍」があります。

最近では電子書籍の専用ストアも増えており、自分が読みたいマンガ・小説・雑誌などをすぐにダウンロードしてその場で読むことが出来ます。

昔は「紙書籍派」「電子書籍派」の討論がよく行われており、電子書籍で本を読むことに否定的な声が多かったです。

それも最近の電子書籍の流行、セールなどによって少しずつ電子書籍否定派もスマホやタブレットで電子書籍を読むようになっています。と言うのも筆者がそのパターンだからです。とくに「Prime Reading」のサービスが始まってからは電子書籍で雑誌を読むことが非常に多くなりました。

と言うワケで本記事では「雑誌を読むときは何インチタブレットが最適なのか」を考えてみました。電子書籍用にタブレットを購入する予定の方、タブレットで電子書籍も読みたいと言う方、是非参考にしてみて下さい!

何を読むのかによって最適なサイズが違う

何を読むのかによって最適なサイズが違う

雑誌を読むときは何インチタブレットが最適なのか」と言うテーマですが、なぜ「電子書籍を読むときに最適なタブレット」ではなく「雑誌に最適」なのか?と思うかもしれません。

それは電子書籍の中でも何を読むのかによって最適なサイズが違うからです。

マンガにはマンガに適したサイズがあり、雑誌には雑誌に適したサイズがあります。結論から言えばタブレットで雑誌を読むときは10インチ以上のタブレットが最適です。

はっきりとした定義があるわけではありませんが、SNSなどでチェックしたところ10インチ以上のタブレットを使っている方が多かったですし、いくつかのデバイスを試した筆者も現在は10インチタブレットに落ち着いています。

結論から先に言ってしまいましたが、記事の続きではこれからタブレットで電子書籍デビューしようとしている方に向けて、筆者が過去に使っていたサイズや読みやすさなどの感想を紹介したり、各書籍の最適な端末サイズなんかをまとめてあります。是非続きもザックリで良いので読んでみて下さい!

筆者が過去に使っていた端末サイズと電子書籍の読みやすさ

筆者が過去に使っていた端末サイズと電子書籍の読みやすさ

筆者はタブレットの情報ブログ以外にスマホの情報ブログ(スマ情)も運営しております。過去に様々なサイズのスマホやタブレットをレビュー目的で購入しており、中でもいくつかの端末は電子書籍を読むために使用しています。過去に使用してきた端末の使用感などの感想を紹介します。

5.8インチスマホ(縦横比18:9)

まずは2018年代のSIMフリースマホで最も人気の高かった「P20 lite」です。こちらは縦横比18:9の5.8型FHD+ディスプレイを搭載しております。電子書籍をスマホで読む場合の利点は何と言っても片手でページをめくれるところです。コミック小説に向いています。雑誌を読むにはサイズが小さすぎるので向いていません。

6インチスマホ(縦横比16:9)

お次は筆者が長らく愛用していた「Nexus 6」です。Nexus 6は6型のWQHDディスプレイを搭載した大型スマホです。P20 liteと違って縦横比が16:9なので、横幅が大きくて片手操作がやりずらいです。こちらも同様にコミック小説に適しています。

7インチタブレット

7インチタブレットは何台か使ったことがありますが、どちらかと言えばコミックが読みやすいです。もちろん小説もある程度は読みやすいですが、スマホの方がお手軽に操作できるので、スマホの方が適しています。7インチタブレットでもまだまだ雑誌を表示するにはサイズが足りません。

8インチタブレット

8インチタブレットもこれまでに何台か使ったことがあります。7インチタブレットはどちらかと言えばスマホ寄りの小型デバイスですが、8インチともなると立派な「タブレット」です。さすがに重量も上がってくるので、仰向けで操作する際に疲れやすいです。しかし画面サイズを考えると雑誌は読みやすいです。8インチタブレットで電子書籍を読むとすれば雑誌が向いていますが、10インチタブレットと比べるとコミックや小説も読みやすいので、雑誌もマンガも小説も読むと言う人は8インチタブレットが向いています。

10インチタブレット

そして雑誌を読むのに最も適しているのが10インチタブレットです。8インチタブレットでも十分読むことが出来ますが、それでもやはり表示範囲を考えると10インチタブレットが適しています。ただしタブレットを出先へ持ち運ぶのであれば確実に8インチタブレットの方がオススメです。家でしか使わない場合は10インチタブレット、外でも使う場合は8インチタブレットが最適です。

ここまでのまとめ
  1. コミック・小説を読むならスマホか7インチタブレットが最適
  2. 出先で雑誌を読むなら8インチタブレットが最適
  3. 家で雑誌を読むなら10インチタブレットが最適
  4. 全部読むなら8インチタブレットが最適

タブレットで雑誌が読めるサービス一覧

サービス名 月額料金 雑誌数 台数
(アカウント共有)
無料期間
楽天マガジン 410円(税込) 250誌 スマホ・タブレット5台
パソコン2台
31日間
dマガジン 432円(税込) 200誌 1アカウントにつき6台 31日間
ブックパス 606円(税込) 300誌 複数可 30日間
ブック放題 540円(税込) 170誌 複数可 1か月間
読み放題プレミアム 498円(税込) 100誌 不明
マガジン☆WALKER 540円(税込) 800誌 1アカウントにつき5台
タブホ 540円(税込) 900誌 1アカウントにつき1台
Kindle Unlimited 980円(税込) 不明 不明 30日間
U-NEXT 1,990円(税込) 70誌 1アカウントにつき4台 31日間

10インチタブレットを選ぶときの注意点

電子書籍で雑誌を読むために最適なのは「10インチタブレット」です。雑誌を読むために10インチタブレットの購入を検討している方は、注意点が2つだけあります。

  1. ある程度の画面解像度が必要
  2. 寝ながら読むには落下防止バンドが必要

まずタブレットで電子書籍を読む場合は、ある程度の「画面解像度」が必要です。画面解像度とは画面の縦横の点の数のことで、それぞれの点に色が入ることによって画面を映し出します。

解像度が低すぎると、この縦横の点の数が少なくなってしまい、細かい描写が出来なくなってしまいます。雑誌だけに限らずタブレットで電子書籍を読む場合は画面解像度が高いモデルを選ぶようにしましょう。

そして2つ目の注意点ですが、10インチタブレットはサイズが大きくて重量が重いです。仰向けで操作がしたい場合には「落下防止バンド」を使いましょう。


出典:サンワダイレクト

こちらの画像のような落下防止バンドを使うことによって寝ながら10インチタブレットを操作することが出来ます。仰向け操作のあるある「滑って顔に落としてしまう」というのも防げます。

10型タブレットに対応している製品を選ばないといけないので注意してください。おすすめは画像のサンワダイレクト タブレットPCハンドルホルダーです。しっかりと固定できる上に、スタンド機能も搭載している便利な製品です。

雑誌におすすめの10インチタブレット

雑誌を読むぐらいの使い道なのであればそこまで高性能なタブレットを購入する必要はありません。

「画面解像度」がある程度高く、大容量バッテリーを搭載しており、値段が安いモデルがベストだと思います。

性能が高くて価格も高いiPadではなく、コスパの良いAndroidタブレットがオススメです。中でも最適なモデルがいくつかあるのでピックアップしてみました。

まずはこちらのHUAWEI製タブレット「MediaPad T5」です。こちらは25,000円前後で買える10型タブレットで、2017年代に登場したモデルですが、2019年にROM32GBに増設されています。解像度は1920×1200ドットで、5100mAhバッテリー搭載のコスパ良端末。電子書籍を読むための条件、そして価格の安さを兼ね備えているのでオススメです。

そしてこちらは「MediaPad M3 Lite 10 wp」です。こちらはMediaPad T5よりも1万円ほど高い35,000円前後で買える10型タブレットで、MediaPad T5との違いはバッテリー容量が6600mAhを搭載しているところと防水防塵に対応しているところです。もし防水対応のタブレットをお探しなのであれば候補です。

そして最後に紹介するのは「MediaPad M5 Pro」です。これまでのモデルよりも搭載しているチップセットが高性能で、解像度も2560×1600ドットと高解像度。さらにバッテリーも7500mAhと大容量を搭載しています。もちろんその分値段が高くて50,000円前後ぐらいします。電子書籍以外にもいろいろタブレットを頻繁に使うと言う方はこちらの方がオススメです。

まとめ

これからも電子書籍市場は拡大し、掲載される雑誌数も増えていくはずです。今回紹介したような読み放題のサービスと10インチタブレットを持っておけば、毎月家で簡単に雑誌を読むことが出来ます。

しかも10インチタブレットは動画の視聴や作業にも向いているので、雑誌だけでなくいろんなことに使う事が出来ます。しかも家族と共有して使うことが出来るので、ぜひぜひ一家に1台は置いておきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。